チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

長塚圭史のチケット一覧

長塚圭史(ながつかけいし)は1975年5月9日生まれ、東京都出身の劇作家、演出家、俳優です。父親は俳優の長塚京三です。1996年に演劇プロデュースユニット・阿佐ヶ谷スパイダースを結成し、主宰としてほぼ全ての作品の作・演出を手がけています。2004年に劇団公演として上演した「はたらくおとこ」は舞台芸術の賞を受賞するなど高い評価を得て、2016年に再演されました。2017年には福田転球、大堀こういち、山内圭哉ら人気演劇俳優らとユニット・新ロイヤル大衆舎を結成し、「王将」3部作を上演しました。2020年には同ユニットの新作「藤松五郎伝―無法松の一生」/「麺麭屋文六の思案」「遂に『知らん』の文六」のほか、長塚が作・演出・出演を務める舞台「イヌビト」を上演。さらに2020年公開映画「海辺の映画館 キネマの玉手箱」や、斎藤工、長澤まさみ、西島秀俊、Hey! Say! JUMP有岡大貴らがら出演する2021年公開の話題の映画「シン・ウルトラマン」にも出演するなど、俳優としても活躍中です。

長塚圭史の日程

すべての日程

演劇 長塚圭史 新作

長塚圭史のチケットを都道府県で探す

長塚圭史(ながつかけいし)は、俳優の長塚京三を父に持つ劇作家、演出家、俳優です。1996年に結成した演劇プロデュースユニット・阿佐ヶ谷スパイダースの主宰で、ほぼすべての作品の作・演出を手掛けています。2004年の「はたらくおとこ」の作・演出、同年「ピローマン」の演出で、朝日舞台芸術賞と芸術選奨新人賞を受賞。さらに2005年には「LAST SHOW」の演出で読売演劇大賞優秀作品賞、2006年「ウィー・トーマス」の演出で同優秀演出家賞を受賞するなど、日本を代表する劇作家・演出家として評価されています。2011年に葛河思潮社、2017年には新ロイヤル大衆舎、と演劇プロジェクトを立ち上げています。2002年に「tokyo.sora」で高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞するなど、俳優としても評価されており、福山雅治主演「容疑者Xの献身」、TOKIO長瀬智也主演「ヘブンズ・ドア」、妻夫木聡主演「マイ・バック・ページ」、松田翔太主演「アフロ田中」など、話題作に多数出演しています。脇役ながら深みと味のある演技で存在感を光らせています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート