名古屋グランパスのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数159,922枚、本日の新着チケット数582

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

名古屋グランパスのチケット一覧

名古屋グランパスは、愛知県全県をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。ホームスタジアムは名古屋市瑞穂陸上競技場および豊田スタジアムです。チーム名のグランパスは英語で鯱の意味であり、名古屋城の金の鯱をイメージしています。マスコットキャラクターにも鯱を起用しており、グランパスくんをはじめ、家族のグランパコちゃん(妻)、グランパスくんJr(息子)、グララ(娘)がいます。チームの母体はトヨタ自動車工業サッカー部で、Jリーグ設立当初から加盟するオリジナル10のひとつです。Jリーグ開幕の1993年には目玉選手として、1986年FIFAワールドカップの得点王ゲーリー・リネカーと、当時の最高年俸3億円で契約し話題となりました。主な実績タイトルは、1996年の第75回天皇杯優勝、サントリーカップ優勝、2000年の第78回天皇杯優勝などが挙げられます。現在の監督は風間八宏、キャプテンはFWの佐藤寿人です。所属選手には、日本代表にも選出されたGKの楢崎正剛やDFの丸山祐市などがいます。過去には3度ベストイレブンに選ばれ、ピクシーの愛称で親しまれたストイコビッチ選手などが活躍していました。チームカラーは赤で、サポーターの間では「赤鯱軍団」と呼ばれることもあります。2010年にはスペイン、リーガ・エスパニョーラ所属のレアル・ソシエダと協力協定を結びました。若手育成選手がレアル・ソシエダの練習に参加しています。日本代表に選出された吉田麻也もこのアカデミー出身です。2010年代には過去に選手として活躍したストイコビッチを監督に迎え、田中マルクス闘莉王らが入団しています。ベストイレブンにチーム最多の5人が選出されるなどの盛り上がりを見せています。2018年明治安田生命J1リーグの今後の試合日程は、11月3日対ヴィッセル神戸(ホーム試合)、11月6日対セレッソ大阪、11月10日対清水エスパルス、11月24日対サンフレッチェ広島です。

名古屋グランパスの日程

すべての日程

J1リーグ 第2節 名古屋グランパスvsセレッソ大阪
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第1節 名古屋グランパスvsヴィッセル神戸
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第2節 名古屋グランパスvs大分トリニータ
J1リーグ 第5節 名古屋グランパスvs北海道コンサドーレ札幌
J1リーグ 第8節 名古屋グランパスvsジュビロ磐田
J1リーグ 第9節 名古屋グランパスvsサンフレッチェ広島
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第5節 名古屋グランパスvsセレッソ大阪
J1リーグ 第11節 名古屋グランパスvs浦和レッズ
J1リーグ 第13節 名古屋グランパスvs松本山雅FC
J1リーグ 第16節 名古屋グランパスvs清水エスパルス
J1リーグ 第18節 名古屋グランパスvs湘南ベルマーレ
J1リーグ 第20節 名古屋グランパスvsガンバ大阪
J1リーグ 第22節 名古屋グランパスvs川崎フロンターレ
J1リーグ 第24節 名古屋グランパスvs横浜F・マリノス
J1リーグ 第25節 名古屋グランパスvsFC東京
J1リーグ 第1節 サガン鳥栖vs名古屋グランパス
J1リーグ 第3節 ガンバ大阪vs名古屋グランパス
J1リーグ 第4節 FC東京vs名古屋グランパス
J1リーグ 第6節 鹿島アントラーズvs名古屋グランパス
JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第3節 セレッソ大阪vs名古屋グランパス
J1リーグ 第7節 横浜F・マリノスvs名古屋グランパス
J1リーグ 第10節 湘南ベルマーレvs名古屋グランパス
J1リーグ 第12節 川崎フロンターレvs名古屋グランパス
J1リーグ 第14節 ベガルタ仙台vs名古屋グランパス
J1リーグ 第15節 大分トリニータvs名古屋グランパス
J1リーグ 第17節 ヴィッセル神戸vs名古屋グランパス
J1リーグ 第19節 セレッソ大阪vs名古屋グランパス
J1リーグ 第21節 浦和レッズvs名古屋グランパス
J1リーグ 第23節 松本山雅FCvs名古屋グランパス
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全57件 1-57件目

名古屋グランパスのチケットを都道府県で探す







名古屋グランパスは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するクラブチームです。1939年に創部のトヨタ自動車工業サッカー部が前身です。トヨタ自動車をはじめ、中日新聞社や名古屋銀行など、スポンサーの多くが名古屋に拠点を置く企業です。2017年のシーズンでは、クラブ史上初のJ2リーグでしたが、前年度を上回る観客を動員しJ2でもトップの観客動員を記録するなど、サポーターからの根強い支持があります。ファンクラブの会員増も堅調で、2018年からはキッズコースを新設しサッカーファンの裾野を広げています。その一環として小中学生を対象に1万人を無料招待するといった施策も実施しています。マスコットキャラクターは名古屋城のシンボル・鯱をモチーフにしたグランパスくんです。同じ地元クラブのマスコットキャラクターであるドアラ(中日ドラゴンズ)とのコラボ企画もあり、競技の垣根を越えて地元の振興に貢献している地域に密着したクラブチームです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口