中島みゆきのチケット売買ならチケットストリート

Close icon次回から表示しない

チケットストリートとは…

チケットストリートは、チケットを「買いたい」「売りたい」という方々のために安心・安全なお取引の場を提供するチケット売買サイトです。音楽やスポーツ、演劇など様々なジャンルの人気公演チケットを、お取扱いしています。

代金は弊社でお預かり、お支払いはチケット到着後
チケット到着まで年中無休でサポート

現在の掲載チケット数138,078枚、本日の新着チケット数159

中島みゆきのライブ・コンサートチケット一覧

中島みゆきは1975年に「アザミ嬢のララバイ」でデビューし、現在でも大活躍中のシンガーソングライターです。彼女の代表曲は、初期の頃の1975年に発表された「時代」。その歌は今でも様々なアーティストによってカヴァーされています。ファンの人たちの間では、みゆきさまやみゆき嬢など神のように崇められ、歌とその喋りとのギャップも彼女の魅力のひとつです。 中島みゆきは70年代、80年代、90年代、00年代と四つの世代に渡って、オリコンチャートトップ10に入った唯一の歌手です。彼女の活動の場は幅広く、工藤静香、TOKIO、ももいろクローバーZ、絢香などのアーティストにも楽曲を提供しています。 彼女のファンには、芸能界で活躍している様々なジャンルの人にも多く、脚本家の倉本聡やコピーライターの糸井重里、アーティストでは槇原敬之、研ナオコなど、そして異才の芸能人マツコデラックスにも愛されています。 オフィシャルファンクラブは「でじなみ」で、ライブや彼女自身が実験劇場と話している「夜会」の情報などを知ることが出来ます。 その中島みゆきの「夜会」は1990年からシアターコクーンで始められた、コンサートでも無く演劇でもない歌の実験劇場で今では入手困難なプレミアチケットとされています。「夜会」は作詞作曲演出主演を中島みゆき自身の手で手がけられたライブです。 2000年代に入って、彼女はNHK総合テレビの「プロジェクトX」でオープニングテーマ「地上の星」とエンディングテーマ「ヘッドライトテールライト」の両方を担当し、2002年にはNHK総合テレビの第53回紅白歌合戦にも出場しました。 その第53回紅白歌合戦に出場した際は、同局で主題歌として使われた「地上の星」を歌いました。その際にはどんな風に出場するのかというのが、ファンの間でも楽しみにされていたのですが、中島みゆきはその時、前述した番組「プロジェクトX」で特集された黒部ダムを使い、彼女の好きな色の深紅のドレスで、黒部ダムの地下数百メートルから中継をしました。 その「地上の星/ヘッドライトテールライト」は、チャートイン130週にして1位に輝く名曲になっています。 そして、中島みゆきは2009年には紫綬褒章を受賞されていて、コメントで棚からぼた餅ならぬ、棚から本マグロとその受賞を表現しています。 中島みゆきは過去、現在、未来と輝き続けるトップアーティストなのです。

中島みゆきの日程

すべての日程

中島みゆき 夜会工場
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全115件 1-100件目

中島みゆきのチケットを都道府県で探す







中島みゆきといえば、松任谷由実や竹内まりあと並んで、現在の日本の音楽界を作り上げた一人とも言える存在です。そして、TOKIOや工藤静香をはじめ、様々なアーティストへの楽曲提供も行いながら、同じ曲を自身も歌い、それぞれに違った魅力を持たせることのできる、数少ないアーティストの一人です。その魅力はなんといっても美しい日本語と強いメッセージ性を持った歌詞、そして楽曲を演じるような表現力にあります。消えそうな細い歌から、力強くハードな歌、シンプルな歌から複雑な構成の楽曲と、どのような歌でも自在に表現し、聞き手を引き込みます。特に彼女自身が脚本、作詞、作曲、主演を行う、ミュージカルの「夜会」は、アーティスト「中島みゆき」の魅力が余すところなく発揮された舞台と言えます。 そんな彼女も、年齢を感じさせないパワフルな歌と、年齢ならではの深さが合わさり、今尚新たな魅力を作りだしていますが、やはり、人間は年をとるもの。彼女のステージがいつまで見られるかはわかりません。見られるうちに、ぜひ一度、中島みゆきのステージをご覧ください。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口