中村七之助のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数166,397枚、本日の新着チケット数6,713

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

中村七之助のチケット一覧

9月23日(日)には、東大寺大仏殿前の特設ステージで、「東大寺世界遺産登録20周年記念 中村勘九郎 中村七之助 東大寺歌舞伎」の公演が行われます。中村七之助は、有名で華やかな演目「藤娘」において、藤野花の中から現れた藤の精を演じます。塗笠を被り、藤の枝を担いだ姿は美しく、時には可憐に、時にはしっとり、恋する女心を踊ります。10月1日(月)~25日(木)、歌舞伎座での「芸術祭十月大歌舞伎」、11月1日(木)~26日(月)、東京・浅草特設会場での「平成中村座 十一月大歌舞伎」は、いずれも十八世中村勘三郎七回忌追善公演として、ゆかりの演目の上演が予定されています。中村七之助は、10月の昼の部では、「三人吉三巴白浪」のお嬢吉三、「佐倉義民伝」のおさんを演じ、夜の部では、出演者揃っての「宮島のだんまり」にはじまり、「助六曲輪初花桜」では揚巻を演じます。11月の昼の部では「近江のお兼」の近江のお兼、「狐狸狐狸ばなし」のおきわを演じ、夜の部では「仮名手本忠臣蔵 七段目」の遊女おかるを演じます。

中村七之助の日程

すべての日程

中村七之助 特別舞踊公演 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全19件 1-19件目

中村七之助のチケットを都道府県で探す

中村七之助は、日本の歌舞伎俳優です。「中村屋」を屋号とし、1983年5月18日、故十八代中村勘三郎の次男として誕生しました。1986年、3歳のときに「9月歌舞伎座『檻』の祭りの子勘吉役で初お目見えしました。翌年1月には、歌舞伎座『門出二人桃太郎』で二代目中村七之助を名乗り、初舞台を務めました。普段の歌舞伎の役柄は9割が女形で、その身体の曲線美の美しさには定評があります。歌舞伎の舞台にとどまらず、2003年にはハリウッド映画「ラストサムライ」に明治天皇役で出演、またNHK大河ドラマ「武田信玄」「元禄繚乱」にも出演するなど、現代劇、映画、テレビ、写真集(撮影:篠山紀信)と、幅広い分野で活躍しています。2003年には読売演劇大賞・杉村春子賞を受賞しました。兄の中村勘九郎とともに、人気を博した父が歌舞伎の新境地に意欲的に挑んだ精神を受継ぎ、新作にも精力的に挑戦しています。日本のエンターテイメント界の中心人物の一人です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口