19/11/24(日) 18:00 天王洲 銀河劇場の公演 ナルトのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

ナルト(NARUTO) ライブ・スペクタクル NARUTO ナルト 暁の調べ
19/11/24(日) 18:00 天王洲 銀河劇場

会場情報

ライブ・スペクタクル「ナルト(NARUTO)」は、1999年から2014年まで『週刊少年ジャンプ』に連載された岸本斉史を原作者とする漫画作品「ナルト(NARUTO)」の舞台版作品です。落ちこぼれの烙印を押された忍者の主人公・うずまきナルトは里一番の忍である火影を目指します。本作では主人公と仲間との友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆を中心に、次々に襲い掛かる困難に立ち向かって成長していく姿が描かれました。約15年という長きにわたる連載を終えたと同時に『NARUTO 新時代開幕プロジェクト』がスタートし、ついに舞台化が成されることになりました。「ナルト(NARUTO)」は国内公演だけに止まらず、海外でも公演されるワールドツアーとなりました。「ナルト(NARUTO)」ではナルトたちの少年期から終末の谷までの物語が描かれました。派手さが魅力のひとつであるバトルアクション漫画の躍動感を再現すべく、芝居や歌にダンス、そしてアクロバットに加えて趣向を凝らした特殊演出を用いることで、大迫力のスピード感をステージにもたらしました。 主人公のうずまきナルト役には、ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンで遠山金太郎を演じた松岡広大を抜擢。ナルトのライバルであるうちはサスケ役には佐藤流司、春野サクラ役は伊藤優衣が担っていました。さらに、はたけカカシ役は君沢ユウキが演じました。2017年には新作となる「ライブ・スペクタクル NARUTO ナルト 暁の調べ」も開催され、さらに人気キャラクターが追加されて話題に。キャストにはサイ役の北村諒、薬師カブト役の岡田亮輔、鬼灯水月役の萩尾圭志などがいます。2019年10月からも「ライブ・スペクタクル NARUTO ナルト 暁の調べ」が大阪と東京で公演される予定で、ファンから注目を集めています。「NARUTO -ナルト-」の世界観を臨場感たっぷりの舞台で楽しめる機会として、必見です。

ナルト(NARUTO)の日程

すべての日程

ライブ・スペクタクル NARUTO ナルト 暁の調べ
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全4件 1-4件目

ナルト(NARUTO)のチケットを都道府県で探す


「ナルト(NARUTO)」は、1999年から2014年まで週刊少年ジャンプで連載された岸本斉史の漫画作品です。「忍術」「体術」「幻術」などの不思議な術を使う忍(しのび)たちが戦う世界観が舞台になっていて、「ONE PIECE」や「ブリーチ」「銀魂」などと並んで2000年代~2010年代の少年ジャンプ作品の代表格として人気を集めてきました。主人公は落ちこぼれ忍者のうずまきナルトで、彼が木ノ葉隠れの里で一番の忍・火影になることを目指して奮闘し、やがて忍の世界の中で壮大な戦いに臨んでいく姿が描かれます。ナルトに並ぶメインキャラクターにうちはサスケや春野サクラ、師となるはたけカカシなど多くの忍が登場し、それぞれの出生や一族の背景、友情などが描かれていくのも大きな見どころです。2002年からはアニメも放送されて続編シリーズである「NARUTO -ナルト- 疾風伝」や本編完結後の世界を描く「BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-」も人気を集め、国民的アニメ作品となっています。また、題材が「忍者」ということでその人気は国外でも高く、日本を代表する漫画・アニメとして支持を集めてきました。劇場版アニメの公開やゲーム化、小説化、舞台化など幅広いメディアミックスが行われており、なかでも舞台作品の「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」シリーズは大きな話題になってきました。歌舞伎作品にもなるなど世代・文化を超えた支持を集めており、シリーズ累計発行部数は世界で2億5000万部を突破。「ドラゴンボール」に続くワールドクラスのヒット作となっています。日本のエンタメ史において、最重要の作品と言えるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口