国立演芸場のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

国立演芸場のチケット一覧

「国立演芸場」は、東京都千代田区にある演芸場です。日本の伝統的な演芸を上演することを目的としていて、歌舞伎、落語、文楽などを楽しむことができます。月に1回の定期イベントとして、国立名人会が開催されているのは有名です。国立演芸場は2階建ての建物で、2階には客席(300席)と売店の「あおやぎ」があります。売店では各種グッズのほか弁当も販売されていて、弁当は予約可能です。1階にはロビーと演芸資料の展示室があります。1階には公衆無線LANが導入されているので、手続きをすれば誰でも無料でインターネット接続が可能です。1階と2階の両方にコインロッカーがあるので、手荷物を預けることができます。国立演芸場には伝統芸能をより楽しむための組織があり、「あぜくら会」という名称です。入会金や年会費を負担すれば、会報が送られるなどの特典があるので公演情報を集めやすくなります。国立演芸場は原則として伝統芸能を鑑賞する場ですが、舞台設備などの使用を申し込めば一般人でも公演を行うことができます。

国立演芸場の日程

すべての日程

立川志らく落語大全集

国立演芸場のチケットを都道府県で探す

国立演芸場の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/6/23()
  • 13:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

国立演芸場開場四十周年記念 第481回花形演芸会
2列16~21番
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/6/23()
  • 13:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

国立演芸場開場四十周年記念 第481回花形演芸会
4列16~21番
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/6/23()
  • 13:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

国立演芸場開場四十周年記念 第481回花形演芸会
センターブロック6列1ケタ台後半~10番台前半の連番のお席1~2枚。 2枚購入でペアチケットにできます。 春風や風子さん、桂雀太さん、講談の神田松之丞さん、ゲストは春雨や雷蔵師匠、漫才のカントリーズ、トリは三笑亭夢丸師匠です。
2枚連番(バラ売可)5,500円/枚
  • 2019/6/15()
  • 18:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

6月特別企画公演(花形演芸会スペシャル)
7列目下手側1枚
1枚のみ3,500円/枚
  • 2019/5/25()
  • 13:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

立川流落語会 落語立川流真打昇進披露公演
8-11列 1-7番
1枚のみ10,000円/枚
  • 2019/5/2()
  • 13:00
国立演芸場(国立劇場)

東京都

恒例 第30回大演芸まつり 落語協会 五月まつり
自由席です。
1枚のみ1,900円/枚
  • 2019/4/20()
  • 16:30
国立演芸場(国立劇場)

東京都

国立演芸場 特別企画公演 桂歌丸追善落語会
9列の10番台前半です。
1枚のみ13,000円/枚
  • 2019/4/20()
  • 16:30
国立演芸場(国立劇場)

東京都

国立演芸場 特別企画公演 桂歌丸追善落語会
4列2~7番のうち2枚連番 
2枚連番(バラ売可)15,000円/枚
  • 2019/4/20()
  • 16:30
国立演芸場(国立劇場)

東京都

国立演芸場 特別企画公演 桂歌丸追善落語会
3列16~21番のいずれか 
1枚のみ15,000円/枚
  • 2017/12/23()
  • 13:00
国立劇場(国立演芸場)

東京都

国立演芸場 12月特別企画公演 復活円丈 文七元結を聴く会
人気で既に売切れのチケット。前方6列目
1枚のみ2,500円/枚
  • 2017/12/23()
  • 13:00
国立劇場(国立演芸場)

東京都

国立演芸場 12月特別企画公演 復活円丈 文七元結を聴く会
人気で既に売切れのチケット。10列目
1枚のみ2,500円/枚

日本には、歌舞伎、能楽、人形浄瑠璃文楽、雅楽などの世界から評価を受けて、世界無形遺産に登録されている伝統芸能があります。国立演芸場では、さまざまな古典芸能を鑑賞することができます。流行りのヒット曲ばかりを聞くのではでなく、古くからの日本人の生活のなかで息づいてきた日本の心に触れる良いひとときを国立演芸場で過ごしてみませんか。 能楽には、能と狂言があります。能はもっとも古い歴史を持ち、日本芸能の神髄といえるでしょう。演奏、歌、舞いから構成されており、その動きは独自の歩み方をします。それは一切の無駄なものは除かれ、古人の秘められた美しさを表現しているようです。狂言は笑いの部分が多い舞台であり、能と比べ親しみやすくわかりやすいとされています。 歌舞伎は、その衣装や化粧など舞台が華やかで観ている者を楽しませてくれます。歌舞伎は、古くは能からの影響を受けて始まり、時代の移り変わりにより変化してきたものであり、これからも時世に沿った楽しみ方を届けてくれることでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口