英国ロイヤルバレエ団のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

英国ロイヤルバレエ団のコンサートチケット一覧

イギリス最大の名声と規模を持ち、世界中の旬なバレエダンサー達が集う英国ロイヤル・バレエ団は、3年ぶりとなる来日公演を開催します。2019年6月21日(金)から6月26日(水)には、パワフルなダンスが魅力の「ドン・キホーテ」全3幕を東京文化会館(東京都)で上演。21日にはマリアネラ・ヌニェスとワディム・ムンタギロフ、22日昼にはヤスミン・ナグディとアレクサンダー・キャンベル、22日夜と25日には高田茜とスティーヴン・マックレー23日にはローレン・カスバートソンとマシュー・ボール、26日にはナターリヤ・オシポワとワディム・ムンタギロフがそれぞれ主に出演する予定となっています。 6月29日(土)、30日(日)にはプリンシパルが総出演し、バレエ団ゆかりの作品の名シーンを一挙にする「ロイヤル・ガラ」が神奈川県民ホール(横浜)で上演されます。 どちらの作品においても東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団が演奏を担当。旬のダンサー達による来日公演は、バレエファンはもちろんそうでない人も必見です。

英国ロイヤルバレエ団の日程

すべての日程

輝く英国ロイヤルバレエのスター達
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全2件 1-2件目

英国ロイヤルバレエ団のチケットを都道府県で探す

英国ロイヤル・バレエ団は1930年代にバレエダンサー・振付師であったニネット・ド・ヴァロワによって創設されました。ロシアの古典バレエを西欧の中でもいち早く導入しつつイギリス人の振付師の育成も併せて行い、演劇的なレパートリーや気品ある様式などを新たに取り入れたロイヤル・スタイルを作り上げました。 現在のロイヤル・バレエ団はプリンシパルに外国人を多く迎え入れています。世界屈指の名門であるバレエ団にはその伝統と魅力に惹かれ、優秀なダンサーが世界各国から多数集まってきており、日本人ダンサーもその内の1人として活躍しています。 2019年6月には旬のバレエダンサー達の実力を肌で感じることのできるパワフルなダンスが満載の、大胆な美術を取り入れたプログラム「ドン・キホーテ」。そして、眠れる森の美女や白鳥の湖など同バレエ団ならではの演目の見どころをピックアップしたプリンシパル総出演の豪華プログラム「ロイヤル・ガラ」を披露する来日公演が開催されます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口