NECレッドロケッツのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

NECレッドロケッツのチケット一覧

NECレッドロケッツは、日本のバレーボールリーグ「Vリーグ」に加盟している女子バレーボールチームです。日本電気(NEC)の女子バレーボールチームが前身となっていて、1988-89シーズンにはリーグ初優勝を達成しました。なお、1980年代には当時の主将であった佐藤伊知子や杉山明美・山下美弥子の3人が全日本女子バレーチームでも大活躍していた時期があります。1994-95シーズンに「Vリーグ」が開幕してからは竹下佳江・高橋みゆき・大友愛などのトップ選手が次々に加入し、2000年代半ばまで黄金期が続きました。2005年夏に高橋みゆきが海外移籍し、大友愛が妊娠・結婚によって2005-06シーズンに引退してしまった事により、2000年代後半に少し不調期を迎えます。2010年代に入ってもなかなかかつての輝きを取り戻せないでいたレッドロケッツでしたが、若手が成長して2014‐15シーズンには10年ぶりにリーグ優勝を果たしました。2シーズン後の2016-17シーズンにも優勝し、再び黄金期に突入しています。

NECレッドロケッツは、1990年代からVリーグ屈指のスター軍団として存在してきたチームです。2010年前後の低迷期にはスター不在の時期もありましたが、2013年にはウイングスパイカーの古賀紗理那が全日本に初選出されて一気にスター選手となりました。さらに2018年には同じくウイングスパイカーの荒谷栞が全日本女子チームに初選出されるなどスターが増えており、試合に足を運ぶと有名選手を生で見られます。なお、全日本女子チームでも活躍する古賀・荒谷両選手を含めてモデル顔負けの長身美女選手ばかりのため、男性であれば視覚でも試合を楽しめる点も魅力です。また親会社が年商3兆円近い大企業でチーム運営資金が潤沢なため海外選手を獲得しやすいところがあり、大柄な海外の有力選手のダイナミックなプレーも楽しめます。その他、所属する各選手は運動神経が良いだけでなくそれぞれの人柄が素晴らしく、試合中の真剣な表情から一転して、試合が終わると朗らかな笑顔も垣間見れるチームです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口