ニューロティカのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

ニューロティカ 結成35周年ワンマン&アツシ生誕55年ワンマンツアー レコ発deお前の街へGO!

ニューロティカの日程

すべての日程

ニューロティカ 結成35周年ワンマン&アツシ生誕55年ワンマンツアー レコ発deお前の街へGO!

ニューロティカのチケットを都道府県で探す

ニューロティカの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/10/20()
  • 19:00
Zepp Tokyo

東京都

ニューロティカ Way to 2000 Zepp de NEW ROTE’KA
1F立見
1枚のみ4,500円/枚
  • 2018/9/24()
  • 19:00
TSUTAYA O-WEST

東京都

ニューロティカ Way to 2000 2 MAN SHOW 1998回 氣志團 様
整理番号A265〜280番
1枚のみ4,000円/枚
  • 2018/9/24()
  • 19:00
TSUTAYA O-WEST

東京都

ニューロティカ Way to 2000 2 MAN SHOW 1998回 氣志團 様
A339,340
2枚連番(バラ売不可)5,000円/枚
  • 2018/9/24()
  • 19:00
TSUTAYA O-WEST

東京都

ニューロティカ Way to 2000 2 MAN SHOW 1998回 氣志團 様
整理番号 A240〜265番
3枚連番(バラ売可)5,800円/枚
  • 2018/9/24()
  • 19:00
TSUTAYA O-WEST

東京都

ニューロティカ Way to 2000 2 MAN SHOW 1998回 氣志團 様
オールスタンディング A100〜150番 開演1時間前頃に会場手渡し
1枚のみ9,000円/枚
  • 2018/9/24()
  • 19:00
TSUTAYA O-WEST

東京都

ニューロティカ Way to 2000 2 MAN SHOW 1998回 氣志團 様
オールスタンディング B1番~5番以内
1枚のみ9,500円/枚
  • 2018/9/24()
  • 19:00
TSUTAYA O-WEST

東京都

ニューロティカ Way to 2000 2 MAN SHOW 1998回 氣志團 様
整理番号240〜265番 4連番
1枚のみ10,000円/枚
  • 2018/9/24()
  • 19:00
TSUTAYA O-WEST

東京都

ニューロティカ Way to 2000 2 MAN SHOW 1998回 氣志團 様
主催プロモーター有料会員先行当選分 オールスタンディング 整理番号未定
2枚連番(バラ売可)10,000円/枚
  • 2018/9/19()
  • 19:00
TSUTAYA O-WEST

東京都

ニューロティカ Way to 2000 2 MAN SHOW 1996回 グループ魂 様
オールスタンディング 入場整理番号B 1番~5番以内
1枚のみ5,000円/枚
  • 2018/9/19()
  • 19:00
TSUTAYA O-WEST

東京都

ニューロティカ Way to 2000 2 MAN SHOW 1996回 グループ魂 様
オールスタンディング A430番〜450番 公演当日開演1時間前頃に会場付近にて手渡し
1枚のみ5,500円/枚
  • 2018/9/19()
  • 19:00
TSUTAYA O-WEST

東京都

ニューロティカ Way to 2000 2 MAN SHOW 1996回 グループ魂 様
入場整理番号A 120番台 【明日9月17日(月)12時終了】
1枚のみ5,500円/枚
  • 2018/9/19()
  • 19:00
TSUTAYA O-WEST

東京都

ニューロティカ Way to 2000 2 MAN SHOW 1996回 グループ魂 様
未発券のため整理番号不明。
1枚のみ8,000円/枚

ニューロティカについて

ニューロティカは2014年で結成30周年を迎えた日本のベテランパンクバンドです。ボーカルのイノウエアツシが当初からのオリジナルメンバーで加入と脱退を繰り返し現在の形に落ち着いています。ライブを多く行っているバンドなので盛り上げ方やその場での雰囲気を重視し、演奏だけではなくコントを交えるといったスタイルで行うことも少なくないという特徴があります。叙情的な楽曲からパンク本来の反発などを込めたものまで長いキャリアからなる多彩な楽曲を演奏するため、何度も見に行った場合でも新しい発見をすることができます。30年経っているにもかかわらず、常に新しいバンドと対バンを繰り返すことによる臨場感やメンバーでイベント企画を行うことによる雰囲気の統一感なども魅力です。原点としているバンドやミュージシャンも多く、リスペクトが多く集まっていることなどから、そうしたバンドが好きな場合には影響をどのように受けたのかといったように探りながら見ていくのも楽しみの一つといえます。キャリアが長い分だけ様々な方面に関連していることがわかるようにすることで、より深い魅力を知ることができますしライブハウス発信の文化を肌で感じられるようになります。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口