N響のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

N響(NHK交響楽団)のコンサートチケット一覧

NHK交響楽団(通称:N響)は、日本を代表するオーケストラ集団です。現在は定期公演や主催公演など、年間の述べ公演数は100を超えています。定期公演はA、B、Cの3プログラムをNHKホールおよびサントリーホールにて開催しており、通算で1900回を超えています。主催公演は、7月にポピュラーなクラシック音楽で構成された「N響 夏」や、年末の「第九演奏会」などが挙げられます。主な演目は、放送交響楽団としての性質からクラシックにとどまらず、幅広いジャンルに対応しています。NHKの大河ドラマ主題歌を始め、過去にはテレビゲーム「ドラゴンクエストⅤ」の作中BGMの演奏を担当しました。楽団としての歴史は古く戦前の1925年に遡ります。童謡「赤とんぼ」の作曲で知られる山田耕筰による日本交響楽協会として創始しました。設立当初のメンバーは映画館楽士や東京六大学の学生らで構成されていました。1927年2月20日に定期公演(日本青年館)を開始しています。初回の演目は「交響曲第8番(シューベルト)」や「イドメネオ(モーツァルト)」でした。同年5月3日には、プロのオーケストラとしては日本初の「第九(ベートヴェン)を演奏しています。なお戦中最後の定期公演となった1945年6月14日にも「第九」が演奏されました。1951年8月1日、NHKの支援を受けて現在のNHK交響楽団に改名しています。また1956年から1976年にかけて、イタリア・オペラ公演が開催されました。全8回の公演における出演者には、日本史上最も衝撃的な来日公演だったと評されるマリオ・デル=モナコ(イタリア)や、オペラ界ではマリア・カラスと頂点を争っていたレナータ・テバルディ(イタリア)など、錚々たる顔ぶれが揃っており、日本の音楽史に残る名演の数々が行われました。定期公演の模様は、NHKのEテレとFMラジオの「クラシック音楽館」にて放映されています。近年ではコンサートの録音を中心に、CDもリリースされています。

N響(NHK交響楽団)の日程

すべての日程

フェスタサマーミューザKAWASAKI 2019 NHK交響楽団 注目のマエストロと楽しむ名曲ツアー
NHK音楽祭2019 NHK交響楽団
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全3件 1-3件目

N響(NHK交響楽団)のチケットを都道府県で探す




NHK交響楽団は、日本を代表するオーケストラのひとつで、その実力は世界のクラシック界でも認められつつあります。日本最初のプロオーケストラを源流に持つ歴史のあるオーケストラであり、数えきれないほどの名指揮者・名演奏家との共演を重ねてきました。NHK交響楽団定期演奏会は3月・7月・8月を除く毎月、月に3つのプログラムがそれぞれ2公演ずつ行われています。他のオーケストラと違い特徴的な点として、それらの定期演奏会の内容のほとんどがNHKのBSや地上波で放送されています。また、ラジオで定期演奏会を生放送することもあります。歴史あるオーケストラであることから、著名な音楽大学を非常に優秀な成績で卒業した演奏家や、国際的なコンクールで結果を残した演奏家などによって構成されており、その演奏技術の巧みさ・正確さは日本随一といえます。また、古くは多くのドイツ系の名指揮者が指揮をしにきていて、もともと非常に重厚で正統的なサウンドのオーケストラであると評価されてきました。それに加えて1996年にフランス人の指揮者シャルル・デュトワが常任指揮者に就任してからは、フランスもののレパートリーもぐっと増え、ドイツ的な重厚な音楽だけでなくフランス的な色彩豊かで鮮やかな演奏も得意とするようになってオーケストラとしての魅力がより広がったといえます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口