野田あすかのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数154,084枚、本日の新着チケット数683

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

野田あすかのコンサートチケット一覧

野田あすかは、1982年生まれ、宮崎県在住のピアニストです。4歳から音楽教室に通い始め、ピアニストの道を志すようになりました。幼少時より人とのコミュニケーションがうまくとれないことでいじめを受けたり、自傷行為に走るなどに悩みを抱えていましたが、宮崎学園短期大学音楽科の長期履修生となり、恩師となる田中幸子氏と出会い、自分の心をピアノで表現することができるようになります。ウイーンへの短期留学の際、22歳で初めてうまれつき脳に障害がある「発達障害」と診断されました。2015年には、『CDブック 発達障害のピアニストからの手紙 どうして、まわりとうまくいかないの?』を上梓。2016年には自作曲10曲を収録したCDブック第2弾を出版。同年、プロのピアニストとしてデビューし、クラシック曲と自作曲を弾くスタイルのリサイタルを行っています。2018年には「野田あすかピアノ・リサイタル全国ツアー2018」を開催。野田あすかの奏でるやさしいピアノを体感してみませんか。

野田あすかは、発達障害(広汎性発達障害)を抱えるピアニスト。子どもの頃から人とのコミュニケーションがうまくとれず、しばしば特異な行動をとり、それが原因でいじめを受け、自傷行為が始まったため、転校をよぎなくされてききました。宮崎大学入学後も、人間関係によるストレスで過呼吸発作を起こし、入退院を繰り返し大学を中退。その後短期留学したウイーンでも倒れ、22歳のときに初めて発達障害と診断されました。たくさんの苦しみを抱え、自分の障害と向き合ってきたことで、彼女の奏でるピアノには優しさと癒やしが溢れ、多くの人の感動を呼んでいます。2016年には、東京・銀座の王子ホールでリサイタルを開き、プロのピアニストとしてデビュー。以後、東京・築地の浜離宮朝日ホールをはじめ、大阪、宮崎などでも演奏を行ない、満席・完売にて大好評を博しています。2018年には初の全国ツアー、CDアルバム『哀しみの向こう』でメジャーデビューなど、今後の活躍が注目されているピアニストです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口