19/12/15(日) 15:00 りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)の公演 Noismのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

Noism 1+Noism0 森優貴 / 金森穣 Double Bill 「Farben」「シネマトダンス―3つの小品」
19/12/15(日) 15:00 りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)

会場情報

Noism(ノイズム)は、新潟市にあるホール施設「りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館」を拠点として活動する舞踊団体です。国際的に活躍する演出振付家・舞踊家の金森穣がりゅーとぴあの舞踊部門芸術監督に就任した2004年に、日本初の公共劇場専属舞踊団として設立されました。Noismは、オリジナル作品を国内外で上演するプロフェッショナルカンパニーNoism1(ノイズムワン)と、プロをめざす若手舞踊家が所属し、新潟を中心に地域に根ざした活動をする研修生カンパニーNoism2(ノイズムツー)の2グループで構成されています。国際的に活躍できる舞踊家を育成し、新潟から世界に発信できる質の高い芸術作品の創造を目指し活動しています。 2019年は設立15周年を迎え、記念公演として「Mirroring Memories―それは尊き光のごとく」と新作「Fratres Ⅰ」を上演。新潟りゅーとぴあのほか、東京・めぐろパーシモンホールでも公演を行います。

Noismの日程

すべての日程

Noism1+Noism0 森優貴 / 金森穣 Double Bill 「Farben」「シネマトダンス―3つの小品」

Noismのチケットを都道府県で探す

Noismの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/7/26()
  • 19:00
めぐろパーシモンホール

東京都

Noism15周年記念公演「Mirroring Memories ―それは尊き光のごとく」「Fratres I」
1階2列18番
1枚のみ5,000円/枚

2004年4月、新潟市の音楽・舞台芸術の発信地であるりゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館にて誕生したNoism(ノイズム)。カンパニー名の由来は「No-ism=無主義」の意味で、過去に確立されたさまざまなイズム(主義)を再検証し、今の時代に有用な形に置き換え、現代の身体表現を後世に伝えていくという理念のもと活動しています。 劇場の専属カンパニーであるため、オーディションで選ばれた舞踊家たちは新潟に移住し年間を通じて活動。欧米では一般的なこの「レジデンシャルカンパニー」という形態で、才能ある舞踊家と専属契約を結び、創作活動に集中できる環境を保障することでレベルの高い舞台芸術の創造に取り組んでいます。また、新潟市とりゅーとぴあは首都圏や海外の作品を招聘するかわりにNoismを運営することへ予算を回し、地元で創ったものを世界へ発信することに力を注いでいます。地方都市の文化政策としてどのような意義があるのか検証するという意味でも、Noismは画期的な舞踊集団といえます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口