チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

野村萬斎(ノムラマンサイ) 狂言の夕べ
19/10/17(木) 18:30 森のホール21

会場情報

野村萬斎(のむらまんさい)は1966年4月5日生まれの能楽師、俳優です。能楽狂言方和泉流野村万蔵家の名跡で、狂言師・二世野村万作の長男です。1969年3歳時に「靭猿」で初舞台を踏み、4歳時に「いろは」で台詞のある役を初めて演じました。狂言以外でも、俳優としてドラマや映画、舞台などで幅広く活躍しており、萬斎を襲名した1994年には、NHK大河ドラマ「花の乱」で細川勝元役を演じて好評を博しました。2001年に「陰陽師」で映画初主演。「のぼうの城」「花戦さ」「七つの会議」など、映画作品に数多く主演していますが、2016年公開の「シン・ゴジラ」でゴジラのモーションアクターを務めたことでも大きな話題を呼びました。さらに、NHK Eテレの子供向け番組「にほんごであそぼ」に2003年の放送開始時より出演していることから、子どもとその母親という幅広い世代からの人気も集めています。2020年は「ござる乃座」、2021年に「よこはま『万作・萬斎の会』を始めとする多くの作品の上演が控えています。

野村萬斎(ノムラマンサイ)の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2020/3/10()
  • 18:30
船橋市民文化ホール

千葉県

1階17列20番台 二枚連番
2枚連番(バラ売可)2,750円/枚
  • 2019/11/29()
  • 17:30
芦屋ルナホール

兵庫県

第20回記念公演芦屋能・狂言鑑賞の会
1階 Bブロック 52~49番 2連番 出演者は野村萬斎氏、観世喜正氏、観世銕之丞氏他
2枚連番(バラ売不可)3,000円/枚
  • 2019/10/30()
  • 19:00
国立能楽堂

東京都

狂言ござる乃座 60th
B席 中正面8列 8番  B席 中正面8列 9番
残り1枚5,000円/枚
  • 2019/8/18()
  • 14:00
糸魚川市民会館

新潟県

はじめての狂言
4列目、センターブロック
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/7/21()
  • 13:30
札幌市教育文化会館

北海道

札幌能楽会創立60周年記念 観世・宝生・喜多 三流競演
【札幌能楽会創立60周年記念 観世・宝生・喜多 三流競演】 S席さ列の10番台前半です。 通路に近い席です。
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/6/16()
  • 12:30
観世能楽堂

東京都

正門別会
S席 中正面 9列 21〜25番
1枚のみ18,000円/枚
  • 2019/3/20()
  • 19:00
国立能楽堂

東京都

狂言ござる乃座59th
B席 座席未定
1枚のみ13,500円/枚
  • 2019/2/16()
  • 16:00
綾瀬市オーエンス文化会館

神奈川県

蝋燭能 みちのく鬼女伝説
S席 1階8列40番
1枚のみ3,800円/枚
  • 2019/1/9()
  • 14:00
中野サンプラザホール

東京都

現代能 陰陽師 安倍晴明 晴明 隠された謎…
S席 1階7列43番
1枚のみ10,000円/枚
  • 2018/11/29()
  • 18:30
東広島芸術文化ホールくらら

広島県

野村万作・萬斎 狂言の世界 2018
全席指定 S席 1階 6列~8列以内 一桁番台
残り1枚6,500円/枚
  • 2018/9/8()
  • 14:00
名古屋能楽堂

愛知県

狂言ござる乃座 in NAGOYA 21st
B席 中正面え列~か列以内 10番台
2枚連番(バラ売可)5,108円/枚
  • 2018/6/30()
  • 14:00
世田谷パブリックシアター/シアタートラム

東京都

能「鷹姫」・狂言「楢山節考」 狂言劇場 特別版
S席 1階 G列 13-20番 センターブロック内の2連番です。
2枚連番(バラ売不可)9,800円/枚
  • 2018/6/23()
  • 14:00
世田谷パブリックシアター/シアタートラム

東京都

能「鷹姫」・狂言「楢山節考」 狂言劇場 特別版
S席 1階K列4、5、6番です
1枚のみ8,500円/枚
  • 2018/6/23()
  • 14:00
世田谷パブリックシアター/シアタートラム

東京都

能「鷹姫」・狂言「楢山節考」 狂言劇場 特別版
S席 1階K列5、6番です
1枚のみ8,500円/枚
  • 2018/3/28()
  • 19:00
国立能楽堂

東京都

狂言ござる乃座 57th
正面7列
1枚のみ8,500円/枚

野村萬斎(のむらまんさい)は能楽狂言方和泉流野村万蔵家の名跡です。日本を代表する能楽師として培った狂言をベースに、その気品ある立ち居振る舞いや独特の発声を生かして現代劇でも大きな存在感を放つ俳優です。日本伝統芸能と現代劇との融合を目指した活動にも精力的で、「藪の中」や「RASHOMON」、「敦 -山月記・名人伝- 」などを演出し、高い評価を得ました。また海外への狂言普及のため、「まちがいの狂言」をグローバル・バージョンと銘打ってロンドン、サンフランシスコ、ニューヨーク、ボストン、ワシントンD.C.などで上演しています。蜷川幸雄演出の「オイディプス王」や、自身で構成・演出・主演を務めた「マクベス」などのシェイクスピア作品との縁も多く、海外での公演も成功させています。「東京オリンピック・パラリンピック」の開会式・閉会式4式典総合プランニングチームのチーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターにも就任しており、さらなる世界的な活躍が期待されます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート