nontroppoのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

nontroppo(ノントロッポ)のライブ・コンサートチケット一覧

nontroppo(ノントロッポ)はヴォーカル・ギター担当Bogey、ギター担当Hikaru Watanabe、バス担当Nonchelee、ドラム担当Changからなる4人組のダブバンドです。1999年に福岡で結成されたのち、2001年にミニアルバムthanatopiaを1000枚以上を手売り販売しました。2004年にはアルバムNEW REPORTを、2006年には2ndアルバムナイト・オブ・トロピカリアリリースし、福岡を代表する夏フェスSUN SET LIVEには2007年より毎年欠かすことなく参加するなど、精力的に活動しています。ライブパフォーマンスとして、行っているアロハシャツに身を包み、マイクスタンドにトロピカルフラワーを巻き付ける特徴的な行為は南国を観客に思い起こさせます。また、ライブ演奏中に高く跳躍するのが約束事となっています。

nontroppo(ノントロッポ)に関するあれこれ

nontroppo(ノントロッポ)は、福岡出身のバンドです。1999年に結成され、精力的に活動を続けています。何度かメンバーチェンジを繰り返しながら現在に至り、バンド名の意味である度を濁さずにと言った言葉とは裏腹に、特定のジャンルだけでなく、レゲエやトランスミュージックといった様々なジャンルを手がけた混沌としながらも整った不思議なサウンドに、ダンスを加えたあらゆるものを内包しながらどこにも染まらない新たなジャンルの先駆けとして知られています。フィッシュマンズのトリビュート・アルバムに参加したことから注目を集め、2004年8月にファーストアルバムを発売したことから、爆発的な人気を誇ることとなりました。またボーカルとギターを担当するボギー氏は、地元福岡の音楽シーンに関わっており、現在の福岡で人気の楽曲は彼の手によるものが非常に大きいです。主に地元や他の地域でのバンドハウスの演奏が主流なことや、ファーストアルバム以降大手レーベルからの新曲発表などを行っていないせいか、全国的な知名度はあまり高くありません。しかしその分地元福岡での人気は非常に高く、特にバンドチケットは毎回ソールドアウトが出るほどです。そのためインディーズバンドファンの中には彼らにひと目合うべく、福岡を訪れる人も少なくありません。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口