NPBのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数188,430枚、本日の新着チケット数3,886

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

NPB(日本野球機構)のチケット一覧

NPB(日本野球機構)は、日本におけるプロ野球(セントラルリーグとパシフィックリーグ)を統括している組織です。2017年現在、両リーグには12チームが所属しています。 NPB(日本野球機構)の役割は、野球のルール設定や審判の育成と試合への派遣、試合日程の編成などになります。そのほか日本選手権シリーズやオールスターゲームを主催し、ドラフト会議の運営も業務のひとつです。組織の最高責任者として「コミッショナー」がおり、チームの経営者から承認を受けて就任します。2014年1月からは熊崎勝彦が務めています。 この組織の前身となるのは、1936年に設立された日本職業野球連盟でした。その後、組織名の変更や加盟チームの変更、戦争中の試合中止などを経てNPB(日本野球機構)の誕生に至ります。2020年の東京オリンピックに向けて、野球が正式種目となるように働きかけるキャンペーンを実施し、ソフトボールとともに種目として採用されました。

NPB(日本野球機構)といえば、昔から日本の野球ファンに親しまれる日本国内のプロ野球のことをいいます。NPBの傘下であるセントラル・リーグとパシフィック・リーグは全12球団です。それぞれの球団にファンクラブがあり、試合の観戦チケット割引や、ファンクラブ限定のイベントなどの特典が満載! 選手は1月から自主トレーニングを開始し、3月下旬の開幕に向けてスタートです。2月には主に沖縄県などの暖かい地域で春季キャンプが行われ、シーズン開幕を待ちきれないファンがそれぞれの球団のキャンプ地に大勢訪れます。 シーズンが開幕すると、9月末頃までリーグの優勝をかけた熱戦が繰り広げられます。特に平成に入ってからは、メジャーリーグを目指す選手も多数現れたことにより、質の高い野球を目指すプレーは必見です。注目の選手で人気も高まり、セ・パ両リーグ問わず観客が集まっています。 シーズンが終わるとクライマックスシリーズ、勝ち上がったチームは日本シリーズと、日本一決定の瞬間まで目が離せません。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口