チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスのチケット一覧

NTTコミュニケーションズシャイニングアークスは、ジャパンラグビートップリーグ所属のラグビーチームです。活動拠点は千葉県浦安市で、同市にあるアークス浦安パークをホームグラウンドとしています。愛称はNTTコムもしくはシャイニングアークス。1976年に日本電信電話公社東京支社ラグビー部として発足したのが始まりで、1999年にはNTT東日本ラグビー部として再スタート。2002年トップリーグの登竜門であるトップイースト参加権を獲得、2007年にNTTコミュニケーションズラグビー部へと変更されました。その後2009年にトップイーストで全勝優勝し、悲願のトップリーグ昇格を果たしました。有名所属選手としては、2019年ラグビーW杯日本大会でも代表として活躍したアマナキ・レレィ・マフィがいます。2019年シーズンは、日本代表選出経験のある山田章仁が加入しましたが、チームは初戦で東芝ブレイブルーパスに敗北。そこから4連勝しましたが、惜しくもプレーオフ進出を逃しています。2020年シーズンは、1月12日の開幕戦で日野レッドドルフィンズと対戦し初戦白星を上げたものの、第2節・第3節と連敗。今後は、2月15日の第5節・宗方サニックスブルース戦、2月22日のキヤノンイーグルス戦と続きます。

ジャパンラグビートップリーグ所属のラグビーチーム、NTTコミュニケーションズシャイニングアークス。千葉県浦安市を活動拠点とするラグビーチームで、シャイニングアークスの愛称で親しまれています。チーム名は、運営会社であるNTTコミュニケーションズのロゴマークに由来。チームの歴史は、1976年に日本電信電話公社東京支社ラグビー部として創立されたことに始まります。2007年に現在のNTTコミュニケーションズラグビー部となり、2009年のトップイーストリーグで全勝優勝。2010年からトップリーグで戦っています。そんなシャイニングアークスの特徴が、積極的な投資による充実した設備や有力選手を多数抱えていることでしょう。設備面では、2018年浦安市にアークス浦安パークを新設。2面グラウンドや流水プールなど最新設備が揃っており、選手の練習環境改善に一役買っています。選手面では、日本代表経験のあるアマナキ・レレィ・マフィや山田章仁といった有名選手も多数所属しており、今後さらなる好成績が期待できるチームと言えるでしょう。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート