NUL.のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

NUL.のライブ・コンサートチケット一覧

NUL.(ヌル)は、2019年5月に結成されたバンドで、ボーカルのHIZUMI、プログラミング担当の岸利至、ギター担当のMASATOの3人で構成されています。HIZUMIは、かつてバンドグループD'espairsRayにおいて、2011年の解散までボーカルを務めており、国内、国外を問わず、彼らの言葉で「マニア」と呼ばれる人々を魅了していました。その後長きにわたる自身の声帯治療のために活動を休止していたHIZUMIですが、彼の熱い思いで再び結成されたバンドNUL.が2019年8月16日に渋谷REXで初のライブを行います。2019年7月現在、曲のリリースはされておらず、初の音源はライブでの公開になりそうです。因みにD'espairsRayでの代表曲は「凍える夜に咲いた花」「LOVE IS DEAD」などがあり、完成度の高いサウンドとシャウト、そして明瞭でよく伸びた歌声がマニアを虜にしました。また、岸は布袋寅泰やコブクロなどの作品においてもプログラミングを担当しており、MASATOは2010年に結成されたdefspiralのギタリストとしても活躍しているほか、hideの未発表曲「子ギャル」のギターも担当しました。

NUL.(ヌル)は、ボーカルのHIZUMI、プログラミング担当の岸利至、ギター担当のMASATOの3人で2019年5月に結成されたバンドです。HIZUMIは2010年にD'espairsRayが活動休止するまでボーカルを務めました。彼の魅力は、セクシーでクールな低音と明瞭で伸びのある歌声です。躍動感のあるサウンドに合わせてシャウトと繊細な歌い方を駆使しながら、D'espairsRayを実力派バンドに導きました。このバンドは、1999年に結成されて以来、国内並びにヨーロッパなどでも精力的に活動を展開し、2006年にはヨーロッパ最大のメタルフェスティバル「Wacken Open Air」にも出演しました。長引く声帯の治療のために活動を控えていたHIZUMIが、岸とMASATOを呼んで再び始動したバンドがNUL.です。岸はプログラミング経験が豊富で、これまでには坂本龍一や布袋寅泰、コブクロなどのアーティストのサポートを行っているほか、「ガイアの夜明け」メインテーマの作曲と編曲を手がけました。MASATOはDefspiralのギタリストも兼任しています。また、hide生誕50周年記念アルバムに収録されたhideの未発表曲「子ギャル」のギターを担当しました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口