小田和正のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

小田和正のチケット一覧

小田和正は、日本を代表する大物シンガーソングライターの1人です。オフコースの元ボーカル兼リーダーでもあり、これまでたくさんの名曲を世に送り出してきました。唯一無二の高音な歌声は、一度聞いたら病み付きになるほど魅力的なものです。 また音楽プロデューサーとしても活動しており、自らが所属している事務所「株式会社ファー・イースト・クラブ」の代表取締役社長としての顔も持っています。 小田和正は横浜市金沢区出身の1947年生まれです。薬局の次男として育ち、音楽活動をスタートさせたのは1970年頃からだと言われています。そして1970年代~80年代にかけては、オフコースとして数々のヒット曲をリリースしてきました。ちなみにオフコースのメンバーは何度か入れ替わりがあり、結局は鈴木康博、清水仁、大間ジロー、松尾一彦、そして小田和正の5人構成となりました。 そして1986年になると、初のソロシングル「1985」をリリースします。さらにソロアルバムの「K.ODA」も発売され、1989年になるとオフコースが解散します。それと同時にソロ活動が本格化していきました。 1991年には、フジテレビの人気月9ドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌として、「ラブ・ストーリーは突然に」を発表します。これがドラマと共に大ヒットを記録し、オリコンシングルチャートで第1位を獲得します。さらにシングル曲としてのミリオンセラーも記録しました。 その後は日本を代表する男性ソロシンガーとして、確固たる地位を確立します。「キラキラ」や「まっ白」、「伝えたいことがあるんだ」などのヒット曲を出すと共に、テレビCMやドラマでも楽曲が採用されるようになりました。 また1990年以降は、コンサートツアーもコンスタントに行われています。1990年の5月から11月にかけては、第一生命サウンドスペシャル「K.ODA TOUR 1990 Far East Club Band」として、全国40ヵ所、56公演を開催。ミュージシャンとして全国各地を巡りました。 そして、2016年は、「KAZUMASA ODA TOUR 2016”君住む街へ”」を全国24ヵ所で48公演を行い、約34万人を動員しています。 2018年3月公開の映画「坂道のアポロン」では、主題歌「坂道を上って」を担当。5月4日からは熊本を皮切りに、「KAZUMASA ODA TOUR2018“ENCORE!!”」ツアーを開催。10月まで各地を巡ります。 テレビ番組への露出はあまり多くありませんが、2001年からは毎年12月にTBS系列の音楽番組「クリスマスの約束」に出演しています。また、全国ツアーで国内ソロアーティストの記録を更新する動員を果たしたり、オリコンのアルバム首位獲得最年長アーティストの記録を更新するなど、現役でシンガーソングライターとして精力的に活動中です。2019年も「Kazumasa Oda Tour 2019 ENCORE!! ENCORE!!」と題した全国ツアーを行っています。

小田和正の日程

すべての日程

Kazumasa Oda Tour 2019 ENCORE!! ENCORE!!
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全501件 1-100件目

小田和正のチケットを都道府県で探す







小田和正(おだかずまさ)は、バンド「オフコース」やソロでの活動で知られる男性シンガーソングライターです。神奈川県出身でバンド「ジ・オフコース(後のオフコース)」を結成して音楽活動をスタートし、「ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」で全国2位に輝くなどアマチュア時代から結果を残してきました。その後はプロの道に進んでオフコースのメンバーとして1970年代から1980年代にかけて活躍し、当時としては珍しい、メディア出演よりライブに力を入れる硬派な活動スタイルで注目を集めます。オフコースでは「さよなら」「Yes-No」など歴史的な人気曲をリリースしています。バンド活動と並行して1986年からソロでの活動も始めており、1989年のオフコース解散後は、「小田和正」の名義でソロアーティストとして本格的に知られるように。ドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌「ラブ・ストーリーは突然に」では、ドラマと併せて社会現象になるほどのヒットを生みました。他にも、「伝えたいことがあるんだ」、「キラキラ」、「こころ」などのヒット曲があります。ベテラン歌手が過去の名曲で注目されることが多い中で、小田和正は新作でヒットを生み続けているのがポイントとなっています。2011年から2012年にかけては国内ソロアーティスト歴代最多動員数を記録する全国ツアーを成功させ、2016年にはオリコンアルバムチャートで首位の最年長記録を更新するなど、現在進行形で人気シンガーソングライターとして、新しい風を吹かせています。J-POPシーンで長年活躍し続ける「生ける伝説」のような存在として、ますます注目を集める偉大なアーティストです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口