チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

Off Course(オフコース)のライブ・コンサートチケット一覧

Off Course(オフコース)は、1960年代後半から活躍した音楽グループです。ボーカルの小田和正と鈴木康博を中心に1967年に結成され、1970年にシングル「群衆の中で」でデビュー。1976年にギター松尾一彦、ベース清水仁、ドラム大間ジローが加入して黄金期として知られる編成になり、バンドサウンドへの転向で大ブレイクしました。代表曲としては、邦楽史に残る不朽の名曲とされる「さよなら」などが挙げられます。メディア出演は少なく、音源制作とコンサートに力を入れた硬派な活動スタイルで知られ、1982年には日本武道館で10日連続公演を行うなど圧倒的な支持を獲得。大人気の中で1989年に解散を発表し、その後は各メンバーともシンガーソングライターやスタジオミュージシャン、音楽プロデューサーとして活動を続けています。また、解散後も各メンバーによるセルフカバーやベストアルバムの発表などが行われており、デビュー50周年となる2020年9月から11月にかけてはオーケストラを伴った記念ツアー「Off Course Classics Concert 2020」も開催。伝説的なグループとして今なお注目を集める存在です。

Off Course(オフコース)の日程

すべての日程

Off Course Classics Concert 2020

Off Course(オフコース)のチケットを都道府県で探す

Off Course(オフコース)は、1960年代から1980年代にかけてフォークソングやニューミュージックなどのジャンルで人気を博した音楽グループです。現在はシンガーソングライターとして知られる小田和正をはじめ、同じくソロミュージシャンとして知られる鈴木康博やスタジオミュージシャンの清水仁など実力派メンバーが在籍。当時の邦楽シーンのトップを走るグループとして圧倒的な評価を集めました。また、結成時には現在は建築家として知られる地主道夫もメンバーとして参加していました。特に1970年代後半からは、自身最大のヒット曲である「さよなら」をはじめ、フォークの要素を含むバンドサウンド楽曲の数々で話題に。繊細な詞世界を見せる小田和正と力強い歌詞を書く鈴木康博の対称的なスタイルや、あえてテレビなどへの露出を控えてコンサート中心で活動する独特のスタンスが特徴として知られていました。1989年の解散後も各メンバーが音楽シーンで活躍を続け、一方でOff Courseとしても根強い支持を獲得。カバー作品やベストアルバムのリリースなどもあり、注目を集め続けています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート