19/4/19(金) 19:00 りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)の公演 大橋トリオのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数163,984枚、本日の新着チケット数227

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

大橋トリオ ohashiTrio HALL TOUR 2019
19/04/19(金) 19:00 りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)

会場情報

大橋トリオは、千葉県出身の男性シンガーソングライターです。「〇〇トリオ」という名前の響きやキャッチーさを気に入っていること、また「なんとなく面白そうだから」という理由で、ソロアーティストながらあえて「大橋トリオ」という活動名義を名乗っています。父親の影響で幼少期から様々な音楽・楽器に触れ、洗足学園音楽大学に進学。19歳ごろから作曲を始め、大学卒業後の2003年から映画音楽やCM音楽の世界でプロとして活動を開始します。2004年ごろからは他アーティストとコラボしたり、音楽プロデューサーとして作品に参加するかたちで活動の幅を広げ、2007年に「大橋トリオ」名義で初のアルバム『PRETAPORTER』を発表。関西を中心に話題を集め、新人ソロアーティストながら9000枚を超えるリリースを記録しました。2009年には「iTunes JAPAN SOUND OF 2009」にて「2009年最も活躍が期待できる新人」の1組に選ばれ、「第1回CDショップ大賞」で『THIS IS MUSIC』が準大賞を受賞。その翌日にミニアルバム『A BIRD』でメジャーデビューを果たしました。現在の所属レーベルはエイベックス・エンタテインメント内のrhythm zoneで、所属事務所はディケイドとなっています。ポップスを中心にジャズやロック、フォーク、ソウルなど多様なジャンルの要素を含む音楽性で知られていて、自身の作品では作曲や編曲、ほぼ全てのパートの演奏まで務めているマルチプレイヤーです。メジャーデビュー後も多数のアルバムをハイペースにリリースし、2014年には自身初のベストアルバム『大橋トリオ』を発表。デラックスベスト版はカバーCDも含む3枚組で、オリコン26位を記録するスマッシュヒットとなりました。ライブ活動も精力的に行っていて、2019年4月から6月にかけては「ohashiTrio HALL TOUR 2019」と題した全国ツアーが開催予定です。

大橋トリオの日程

すべての日程

大橋トリオ ohashiTrio HALL TOUR 2018 at NHK HALL ペシャル映像上映会&トークショー
ohashiTrio HALL TOUR 2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目


大橋トリオは、ピアノの弾き語りのイメージが多いですが、ライブではピアノ以外にもアコースティックギターやエレキギターによる弾き語りを聞くことができます。また、ライブはバンド編成により曲ごとに演奏する人やバンド編成が変わるためさまざまなジャンルや音色を聞くことができます。大橋トリオ(オオハシトリオ)さん自身がジャズ、ロック、ポップス、ソウルなど多ジャンルの音楽を取り入れているため、飽きることなくライブを楽しむことができます。さらに、音楽だけでなくMCではシュールなジョークやメンバーをいじるなど非常にやわらかい空気で会場が和みます。テレビなどでなかなか拝見する機会が少なく、音楽以外のイメージがあまり知られていないので、ライブに行くことで新しい一面を知ることができます。そこで感じたあとに聴く曲はまた今まで以上に楽しく聞くことができます。また、楽曲だけではなく芸術性も高いため、曲ごとの演出も楽しむことができ、ライブ全体を通じで芸術性の高い空間を感じることができます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口