岡林信康のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

岡林信康のライブ・コンサートチケット一覧

岡林信康(オカバヤシノブヤス)は日本出身のミュージシャンです。愛称は「フォークの神様」として知られています。1968年に、京都で行われたフォークキャンプに参加しました。また、山谷に住む日雇い労働者を題材とした『山谷ブルース』を発表し、レコードデビューしました。『友よ』『手紙』『くそくらえ節』などの名作や問題作を発表しました。一時活動を休止していましたが、1970年4月にコンサートに登場しました。それから、『自由への長い旅』などの作品で喝采を受けて自由なヒッピー生活をしますが、1971年日比谷野外音楽堂で「自作自演のコンサート狂い咲き」を最後にまた活動を休止しました。しかし、2010年に美空ひばりのカバー曲を発表して、全国ツアーも開催しました。

岡林信康の日程

すべての日程

岡林信康 コンサート 2019

岡林信康のチケットを都道府県で探す

岡林信康の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/7/10()
  • 18:30
刈谷市総合文化センター アイリス

愛知県

岡林信康 コンサート 2019
全席指定です 1階 13列 中央列(やや左)2席連番です
2枚連番(バラ売不可)5,500円/枚

フォークの神様岡林信康(オカバヤシノブヤス)

岡林信康(オカバヤシノブヤス)といえばだれでもがすぐに頭に思い浮かべるのは「友よ」「山谷ブルース」など初期のフォークソングではないでしょうか。当時は放送禁止歌となった歌が多かったですが岡林信康が投じた一石は大きな波紋となって若者の間に広がり影響を与え続けました。影響を受けたミュージシャンも多く、山下達郎やサンボマスターなどもそうです。その後一時、活動を休止して農耕生活をしていましたが復活し、演歌歌手などへ曲を提供しながら自分も演歌を歌っていました。ニューミュージック系の歌作りなどを経て、現在も新たな音楽に取り組んでいます。それは外国をまねたロックではなく新しい日本独自のロックを目指したものです。日本民謡的なリズムにのせて中国の打楽器などを使った「エンヤトット」という独自の音楽世界はまったく新しい音楽としてファンの間では賛否両論ありますが、関西を中心に独自のライブ活動を行っています。今も昔も岡林信康は自分の信念を貫く世界観、音楽観をもって創作活動、演奏活動を続けています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口