Omoinotakeのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

Omoinotakeのライブ・コンサートチケット一覧

Omoinotakeは、ボーカル兼キーボード担当の藤井レオ、ベース兼コーラス担当の福島智朗、ドラム担当の冨田洋之進からなる3人組の鍵盤トリオバンドです。3人は島根県の松江市出身で、3人が東京に上京した2012年頃に結成されたようです。2016年には「RO69JACK2016」に出場して、数あるエントリーアーティストの中から入賞を果たす活躍を見せました。2017年には、初の全国流通盤となる「So far」、「beside」を順次発表しています。「So far」のタイトル曲である「Hit It Up」は、日本テレビ系のTV番組「バズリズム」のタイアップ曲に選ばれて、全国のラジオ局でパワープレイ曲に選曲されています。これにより多くのリスナーに認知されるようになりました。やがて、学園祭や音楽フェスにも呼ばれるようになり、「So far」のリリースツアーの最終日に行われえたワンマンライブはソールドアウトを記録しています。 今後の活動として、2018年12月29日に松江B1、2019年1月22日に東京都渋谷WWWにて「Omoinotake Street Light Release Tour」の開催の他にも、2019年2月23日の東京各所にて開催される「DISK GARAGE MUSIC MONSTERS 2019 winter」に参加する予定です。

Omoinotakeの日程

すべての日程

MIDNIGHT RIVER SUMMIT 2019

Omoinotakeのチケットを都道府県で探す

Omoinotakeは、活動の場所をライブハウスだけではなく、路上でのライブを選択しながら腕を磨く事で成功したバンドです。空いた時間を使い路上にでることで、日々実践的な経験を積んだ経験重視は、Omoinotakeの活動に良い影響を与え、様々な好みを持つリスナーの心に響く楽曲を作成することができる様に変化していきました。Omoinotakeのメンバー全員が、観客の心を掴む事に長けていることはライブ会場で実感することができます。Omoinotakeの楽曲のセンスの良さは音楽界でも話題で園祭や音楽フェスに呼ばれたり、「RO69JACK2016」の入賞に繋がっています。TV番組のタイアップやパワープレイに選ばれた「Hit It Up」は、Omoinotakeの代表曲となりました。しかし、Omoinotakeは「Hit It Up」の様なポップな楽曲だけを制作しているのではなく、歌とピアノが冴え渡たりアーバンな表情を見せる事があります。3人が共鳴し合いながら重厚なグルーヴを演出して、耳の肥えたリスナーも喜ばせる事ができる実力も兼ね備えているといえます。これから日本各地でライブ活動を行ったり、イベントにも参加する予定となっているので、様々な場所で活動を見れるはずです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口