オナニーマシーンのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数162,380枚、本日の新着チケット数2,550

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

オナニーマシーンのライブ・コンサートチケット一覧

オナニーマシーンは、1999年に結成されたパンクロックバンドです。メンバーはボーカル&ベースのイノマー、ギター&ボーカルのオノチン、ドラムのガンガンの3人で、キャッチコピーとして「全裸の妖精たち」「ガラスの中年」などを自称しています。楽曲では卑猥なワードを膨大に含んだ歌詞が特徴で、タイトルには「淫河鉄道69」や「オナニーマシーン猛レース」など、有名な作品のタイトルのパロディも多くあります。2003年にはサンボマスターとの共作リリースという形でソニー・ミュージックエンタテインメントからのメジャーリリースも果たし、その後バンド単体でもソニーからアルバムを発売しました。一方で、ロフトレコードからリリースした「片思ひ」が過激すぎる内容で発売停止になったこともあります。楽曲と併せて過激なライブでも知られていて、全裸でフロアに飛び込むなど、様々な意味で圧巻の盛り上がりを見せます。2018年12月には20周年を記念したアルバム「オナニー・グラフィティ」がリリースされ、2019年2月にはリリースイベントとして「BAKA IS NOT DEAD!! 東京編」も開催予定です。

オナニーマシーンは、過激な歌詞の楽曲やライブパフォーマンスで知られる3人組パンクロックバンドです。イノマー、オノチン、ガンガンの3人で1999年から活動していて、性的なワードを散りばめて男子の欲望を表現する歌詞、ストレートな青春(性春)パンクサウンドで人気を集めてきました。また、楽曲に「淫河鉄道69」というパロディタイトルをつけたり、アルバムタイトルにイノマーの実の父の名前「義雄」を冠したりと、シュールなセンスも見どころです。ライブでは全裸になったり客席に飛び込んだり使用済みティッシュをばらまいたりと破天荒なパフォーマンスで知られていて、出入り禁止になったライブハウスも多くあります。アンダーグラウンドな世界観ながらメジャーリリースも経験していて、これまでソニーからサンボマスターとのスプリットアルバム「放課後の性春」やアルバム「女のコ」「パンツの穴」を発売しています。その後はインディーズシーンに再び帰り、インパクトの強い作風で衝撃を与えるアーティストとして、根強い支持を集めています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口