ONE OK ROCKのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

ONE OK ROCK(ワンオク)のチケット一覧

ONE OK ROCK(ワンオク)は、今や日本を代表するロックバンドです。2005年、Toru(ボーカル&ギター)、Ryota(ベース)、Alex(ギター)、You(ドラム)の4人で結成。その後Takaがボーカルとして加入し、本格的な活動をスタートしました。翌2006年、ドラム担当のYouが俳優を目指しバンドを脱退。2007年に現在のドラム担当Tomoyaが加入。2009年にはAlexが脱退、5カ月間の活動休止を経て、2010年、ツアー再開をもって活動を再始動しました。再開後初の4thシングル『完全感覚Dreamer』は、オリコン週間チャートで初のトップ10入り。同年8月にはROCK IN JAPAN、SUMMER SONIC、RISING SUN、MONSTER baSH、TREASURE05X、SWEET LOVE SHOWER など多数の夏フェスに参加し、注目を集めました。そして11月28日、初の日本武道館にてワンマンライブを実現。2013年にはヨーロッパ・アジアの12都市でツアーを行い、2014年2月にはロサンゼルス、ニューヨーク公演を開催しました。また、同年5月にはドキュメンタリー映画「FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM」を公開。6月にはアメリカ最大級のサーキットフェスWarped Tourに参加、同年9月には「ONE OK ROCK 2014 ""Mighty Long Fall at Yokohama Stadium""」を開催し、2日間で約6万人を動員しました。2016年9月には、静岡・渚園にて2日間にわたり11万人を動員する野外ライブ「ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN」を開催。シングルやアルバムをリリースするごとに飛躍をとげ、現在では海外での公演もソールドアウトとなるなど、世界を舞台に高い評価を得るバンドに成長しました。また日本のみならず、海外レーベルとも契約し、アルバム発売を経てアメリカ、ヨーロッパ、アジアでのワールドツアーを成功させるなど世界基準のバンドと言ってよいでしょう。2017年1月には、8thアルバム『Ambitions』を全世界で同時リリース。同アルバムはオリコン初登場1位となり、海外輸入盤が4位にランクイン。さらにアメリカ「BILLBOARD 200」では106位に入るなど、ワールドワイドな活躍ぶりを見せています。アルバムのリリースと併せて、北米、ロシア、南米、オーストラリア、ヨーロッパ、アジアでのバンド史上最大となる全世界ツアーを開催し成功を収めました。そして2019年から2020年にかけても、「ONE OK ROCK 2019 - 2020 Eye of the Storm JAPAN TOUR」と題した大規模な全国ツアーの開催が決定しています。

ONE OK ROCK(ワンオク)の日程

すべての日程

ONE OK ROCK 2019 - 2020 Eye of the Storm JAPAN TOUR
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全543件 1-100件目

ONE OK ROCK(ワンオク)のチケットを都道府県で探す







ワンオクの愛称で親しまれているONE OK ROCKは、2005年、リンキン・パーク、RIZE、ELLEGARDENなどオルタナティブ・ロック、エモーショナル・ロックの影響を受けたというToru(ボーカル&ギター)を中心に、Ryota(ベース)、Alex(ギター)、You(ドラム)の4人で結成されたロックバンドです。直後にボーカルのTakaの加入、ドラムのYou、ギターのAlexの脱退、新ドラムTomoyaの加入を経て、Toru、Ryota、Tomoya、Takaの4人編成となり現在に至っています。バンド名の由来は結成当時練習スタジオに入る時間が、深夜パックで料金が安くなる週末の午前1時(one o'clock)だったことから。またo'clock部分をOKとROCKに置き換え、「ひとつの良いロック」とかけて名付けられました。ファンを総称で「ONE OK ROCK」の頭文字三文字から「OORer(ワンオクロッカー)」と呼ぶこともあります。2007年に1stシングル「内秘心書」をリリースしメジャーデビューしました。2010年には、4thシングル「完全感覚Dreamer」でオリコン週間チャート初のトップ10入りを果たしました。同年には日本武道館単独公演を果たすなど、トントン拍子に音楽シーンの階段を駆け上がりました。ワンオクの音楽は英語の歌詞が多いこと、リリックな言葉遊びでスタイリッシュな体裁を保ちつつも、若者らしい率直な感情表現が特徴です。コアなロックを根幹としつつも、ポップスとしても洗練されており、幅広い音楽ファンが聴きやすいという工夫も随所に凝らされています。これが高い人気を得た理由のひとつと言ってよいでしょう。シングル、アルバムを発表するたびに精力的にツアーを行い、新たなファンを引き寄せ、進化しつづけるロックバンドのこれからの活躍からますます目が離せません。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口