チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

舞台 女の一生のチケット一覧

舞台『女の一生』は、34歳で夭折した脚本家・森本薫の最後の作品です。戦前から日本の演劇界を牽引し、多くの俳優の目標となった名女優の杉村春子の代表作としても知られており、長い歴史を持つ劇団・文学座の代表的な演目でもあります。1945年に初演され、以後数え切れない回数の再演を重ねてきました。主役の布引けい役を947回にわたり演じた杉村春子でしたが、生前に平淑恵を後任に指名しています。『女の一生』は初代女優や演出家亡きあとも、現在に至るまで多くの演劇人に愛されてきました。2020年10月から京都・南座と東京・新橋演舞場で予定されている公演では主演を大竹しのぶ、演出を段田安則がつとめるほか、風間杜夫、高橋克実、銀粉蝶、林翔太 (ジャニーズJr.)、宮澤エマ、服部容子、多岐川華子の出演が決定。南座の舞台に初めて立つことになる大竹しのぶは、過去にも杉村春子の代表作に取り組んでおり、布引けいをどのように演じるのか注目が集まっています。

舞台 女の一生の日程

すべての日程

舞台 女の一生

舞台 女の一生のチケットを都道府県で探す

舞台『女の一生』は終戦直前の昭和20年に脚本家・森本薫が文学座に書き下ろし、現代まで長く愛されている名作です。昭和の名優・杉村春子が主演をつとめた初演は、1945年の東京大空襲の合間に渋谷東横映画劇場で行われています。劇作家として将来を期待されていた森本薫は結核により34歳という若さで命を落とし、『女の一生』が最後の戯曲となりました。2010年には江守徹、2014年には鵜山仁が演出を手がけ、今なお新しい演出の可能性が模索されている作品でもあります。『女の一生』は戦争孤児の布引けいがあるきっかけから堤家で働くようになり、堤家の次男・栄二へのほのかな恋心を持ちつつも長男の仲太郎と結婚、やがて堤家を支える柱となっていく物語で、明治から大正、昭和の3つの時代と2つの大戦のさなかで生きる1人の女性の姿は世代を超えて多くの人々の感動を呼びました。杉村春子は70年の芸歴の中で布引けいを947回にわたり演じ、後進の俳優の目標となっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート