尾上松也のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,187枚、本日の新着チケット数8

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

尾上松也のチケット一覧

尾上松也は、1985年1月30日生まれの歌舞伎俳優です。 本名は井上龍一。1990年5月に「伽羅先代萩」の鶴千代役より二代目尾上松也を名のり始めました。 2014年6月にコクーン歌舞伎「三人吉三」を開催しお坊吉三役を務め、中村勘九郎、中村七之助と共演しました。この公演は、連日立ち見が出る大成功を収めています。そして、新春浅草歌舞伎では最年長リーダー役を務めるなど高い評価を受けています。 歌舞伎以外では、2012年に蜷川幸雄演出のロックミュージカル「ボクの四谷怪談」にてお岩役、2015年に帝国劇場ミュージカル「エリザベート」でルイジ・ルキーニ役、2017年にはNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」に今川氏真役で出演し活躍しました。 1991年・1993年・1996年に国立劇場特別賞、1993年に歌舞伎座賞、2013年に国立劇場優秀賞、2014年にネイルアワード、2014年にメンズ部門受賞と数多くの賞を受賞しています。

尾上松也は音羽屋の歌舞伎俳優です。父は六代目尾上松助。5歳の時、二代目尾上松也として『伽羅先代萩』の鶴千代役で初舞台を踏みます。10代20代の頃は、七代目尾上菊五郎率いる菊五郎劇団にて、女形を中心に活躍。2009年からは自主公演「挑む」を年に一回主催しています。彼の魅力は、何と言ってもその幅の広い演技力。歌舞伎だけにとどまらず、映画やテレビドラマ、さらにはミュージカルにも出演。新歌舞伎「あらしのよるに」では、やぎのメイ役を演じながらも、ミュージカル「エリザベート」ではルキーニ役として出演。両極端なキャラクターを演じ、見るものを楽しませてくれました。それらの活動が評価され、2016年に第37回松尾芸能賞新人賞を受賞。また、大の甘党で、自主公演「挑む」では、日本橋老舗 江戸文化研究會と共同企画したオリジナルスイーツ「松也プロデュース『挑む』限定有田焼風鈴(ぷりん)あんみつ」をプロデュースするという一面も披露。CMやバラエティ番組にも出演し、今後もマルチな活躍が期待されます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口