オペラ夏の祭典のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

オペラ夏の祭典のコンサートチケット一覧

「オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World」は、2020年の東京オリンピックに向けて、2019年からおよそ2年にわたってくり広げられる国際的なオペラプロジェクトです。東京文化会館と新国立劇場が初めて共同で制作する企画としても注目を集めていて、日本の代表的な劇場の数々と連携して、全国各地で公演が開かれます。2019年は中国を舞台にしたプッチーニ作曲の「トゥーランドット」が上演作品に選ばれていて、バルセロナオリンピック開会式でも演出を務めたスペインのアレックス・オリエが演出家として参加します。また、バルセロナ交響楽団が実に24年ぶりの来日をしてオーケストラを務めるのも見どころで、その音楽監督であり、今回のプロジェクトの総合プロデュースを務める大野和士にも注目が集まっています。「トゥーランドット」の上演は2019年7月から8月にかけて、東京だけでなく滋賀のびわ湖ホールや北海道の札幌文化芸術劇場でも行われる予定です。さらに、2020年には「ニュルンベルクのマイスタージンガー」の上演も控えています。

オペラ夏の祭典の日程

すべての日程

オペラ夏の祭典2019-20 Japan⇔Tokyo⇔World トゥーランドット
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全9件 1-9件目

オペラ夏の祭典のチケットを都道府県で探す

「オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World」は、東京文化会館と新国立劇場の共同制作で、東京オリンピックが開催される2020年に向けて行われる、日本と世界を結ぶ国際オペラプロジェクトです。総合プロデュースは日本を代表する世界的指揮者の大野和士で、日本各地の名門劇場と連携して演奏がくり広げられます。2019年のテーマはプッチーニの 「トゥーランドット」で、スペインの有名演出家アレックス・オリエや、大野が音楽監督を務めるバルセロナ交響楽団が参加。2020年の演目にはワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」が選ばれていて、こちらは1964年の東京オリンピックでも活躍した東京都交響楽団がオーケストラを務めます。アジアが舞台のオペラとヨーロッパの楽団、ヨーロッパが舞台のオペラとアジアの楽団。それぞれのコラボによって、まさに「オペラが地球を結ぶ」演出が成し遂げられていると言えるでしょう。世界から注目が集まる、壮大なプロジェクトとして必見です。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口