新国立劇場オペラのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

新国立劇場オペラのコンサートチケット一覧

新国立劇場オペラは、日本では唯一のオペラ上演のために作られたオペラ劇場ですので、オペラ鑑賞には最適な環境が整っていると言えるでしょう。舞台の見易さ、音響の良さは特に素晴らしく、専属の合唱団があるのも新国立劇場オペラの魅力の一つです。世界中のオペラハウスで活躍する歌手や演出家を召喚し、素晴らしいキャスティングで質の高いオペラ上演を行なっています。ヴェルディの「アイーダ」、「椿姫」、プッチーニの「蝶々夫人」などの有名作品から、ワーグナーの「ニーベルングの指輪」や團伊玖磨の「夕鶴」まで上演されていますので、その変化に富んだプログラムは、オペラ初心者からオペラ通まで、幅広い客層を魅了しています。本格的にオペラを楽しみたい方から、少しおしゃれしてオペラの雰囲気を楽しみたい方まで、オペラを見たい理由は様々。しかし、オペラという非日常空間に足を踏み入れ、その空間を楽しみたい、という思いは同じです。そんな非日常の素敵な空間を新国立劇場オペラは提供しています。2019/2020年シーズンは、就任2年目の大野和士・オペラ芸術監督により、プログラムの充実を図るための計画に沿って、引き続き劇場のレパートリーが大きく広げられます。バロック・オペラ、ロシア・オペラ、ベルカント・オペラを3つの柱とし、世界中から選りすぐりの歌手をキャストに迎えるほか、世界の歌劇場の日常を賑わせている指揮者陣もやって来ます。年間10本のラインナップのうち、4本が新制作の作品となります。これまで本格的に取り上げられてこなかったバロック・オペラは今後、1シーズンおきに上演する計画があり、ヘンデルの壮大な音楽で有名な「ジュリオ・チェーザレ」(ジュリアス・シーザー)が、満を持して本シリーズの第一作目として上演されます。

新国立劇場オペラの日程

すべての日程

新国立劇場オペラ トゥーランドット[新制作]
新国立劇場オペラ エウゲニ・オネーギン[新制作]
新国立劇場オペラ ドン・パスクワーレ[新制作]
新国立劇場オペラ 椿姫
新国立劇場オペラ ラ・ボエーム
新国立劇場オペラ セビリアの理髪師
新国立劇場オペラ コジ・ファン・トゥッテ
新国立劇場オペラ ジュリオ・チェーザレ[新制作]
新国立劇場オペラ ホフマン物語
新国立劇場オペラ サロメ
新国立劇場オペラ オペラ夏の祭典2019-20 Japan↔Tokyo↔World ニュルンベルクのマイスタージンガー [新制作]
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
    • 即決新国立劇場オペラ エウゲニ・オネーギン[新制作]

    • 新国立劇場(東京都)
    • D席 4階 R6列 or L6列 他の公演日に行くことになりましたのでお譲りします お取引き成立次第、簡易書留郵便で発送します

      • 名義なし
      • プレイガイド
      • 5,700円/枚
    • 1枚のみ
    • 即決新国立劇場オペラ トゥーランドット[新制作]

    • 新国立劇場(東京都)
    • S席1階5列左ブロック 9番 幸いに他日の席を確保できましたが、この日に行けなくなりました。

      • 名義なし
      • 主催者
      • 1%off
      • 32,000円/枚
      • 32,400円/枚
    • 1枚のみ
    • 2
    • 即決新国立劇場オペラ トゥーランドット[新制作]

    • 新国立劇場(東京都)
    • D席 4階3列 サイドブロック 「トゥーランドット」大野和士指揮/バルセロナ響 お取引き成立次第、簡易書留郵便で発送します。

      • 名義なし
      • プレイガイド
      • 10,800円/枚
    • 2枚連番(バラ売可)
    • 即決新国立劇場オペラ トゥーランドット[新制作]

    • 新国立劇場(東京都)
    • 1階2列目左ブロックです。 大野和士監督の指揮、イレーネ・テオリン出演、伴奏は海外オーケストラということで楽しみにしていましたが大変残念なことに行けなくなりました。。良い席なのでお楽しみ頂ければと思います。

      • 名義なし
      • 主催者
      • 47,900円/枚
    • 1枚のみ
全4件 1-4件目

新国立劇場オペラのチケットを都道府県で探す

新国立劇場オペラは、新国立劇場で上演されるオペラです。日本におけるオペラ、バレエを牽引する新国立劇場は、優れた舞台芸術の創造・振興・普及に努めることを使命とした、現代舞台芸術における我が国唯一のナショナル・シアターです。日本の強みをいかして世界水準の舞台を創ること、次代を担うトップレベルの芸術家の育成、芸術的成果を全国各地で紹介し、地域の振興に寄与することなどを基本方針としています。日本に、初のオペラ、バレエ専用劇場を持ち、オペラ、バレエ、ダンス、現代演劇を専門に上演する劇場として開場したのが1997年。これにより、海外の優れたオペラのクオリティを保ちつつ、手の届く価格で水準の高いオペラが観られるようになり、観客のすそ野が非常に広がりました。2017/2018シーズンに開場20周年を迎え、オペラ部門の芸術監督には世界の第一線で活躍する指揮者・大野和士が就任し、目標として、年間4演目の新制作の上演、日本人作曲家委嘱作品シリーズの開始、1幕ものオペラの新制作とバロック・オペラの新制作を1年おきに行うこと、旬の演出家、・歌手をリアルタイムで招聘、他劇場との積極的なコラボレーションなどが発表されました。また、世界の注目が集まる2020年8月には、特別企画として「子供オペラ」を新制作することが計画されています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口