orange pekoeのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

orange pekoe(オレンジペコー)のライブ・コンサートチケット一覧

orange pekoe(オレンジペコー)とは、1998年に結成された日本の音楽ユニット名です。ギター担当で作曲やアレンジも手掛ける「藤本一馬」と、ヴォーカルと作詞を担当する「ナガシマトモコ」の2人の男女メンバーによって構成されています。インディーズ時代より、地元関西のライブハウスやFMラジオ局で話題となり2002年にメジャーデビューを果たしました。メジャーデビューするや否や、人気は全国に広がり同年に発表したファーストアルバムは大ヒットに至りました。ジャンルとしてはジャズにあたるが、ジャズを基本に様々な音楽スタイルをミックスさせており、独自のジャズスタイルを作り上げて人気を博しています。ナガシマトモコの落ち着いた中低音域の伸びやかなヴォーカルも特徴的です。

ジャズサウンドとナガシマの美声が魅力の男女2人の音楽ユニットorange pekoe

orange pekoe(オレンジペコー)は1998年に結成された日本の音楽ユニットです。ギター、作曲を担当する藤本一馬とボーカル、作詞を手掛けるナガシマトモコの2人組です。2001年に「orangepekoe」でインディーズデビューを果たすと、翌2002年に「Happy Valley」でメジャーデビューを果たします。勢いそのままにリリースしたメジャー1stアルバム「Organic Plastic Music」はオリコン最高5位にランクインするヒットを記録します。ジャズサウンドにボーカルナガシマの伸びの良い声が見事にマッチしており、幅広い世代から支持を得ています。親和性の高いサウンドは多くの企業のCMやテレビのタイアップ曲にも採用され、全国的な認知を得る様になります。ライブツアーも全国各地で実施し、ライブハウスやクラブなどを中心に行っています。また、その音楽性は国境を越えて評価を受けており、2007年には韓国、2009年にはアメリカ、ニューヨークのセントラルパークでライブを行っています。2013年には4年ぶりとなるアルバム「Oriental Jazz Mode」をリリースし、全国各地のラジオ局への出演や各地の音楽フェスなどに精力的に参加する様になります。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口