オーサカ=モノレールのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

オーサカ=モノレールのライブ・コンサートチケット一覧

オーサカ=モノレールとは、日本のファンクバンドで9人で活動しています。メンバーは、中田亮、平石勝俊、山懸賢太郎、真砂陽地、向井志門、速水暖、池田雄一、中村大、木村創生です。バンド名の由来は、結成当時のリハーサル場所の大学の近くに大阪モノレール線が有ったのが由来だそうです。1992年に大阪の大学でジャズサークル内で結成され、1998年にクラブイベントがスタートしたのです。2000年4月にCDアルバム、WhatIt・・・WhatItWasを発売、2001年12月に、RumblenStruggleのCDアルバム等を発売して、2012年に結成20周年を記念してヨーロッパや、北米を巡るワールドツアーを行ったのです。同年には、モントリオール国際ジャズフェスティバルの出演もしたのです。

オーサカ=モノレール

オーサカ=モノレールとは、彼らの結成当時のリハーサル場所であった大学の近くを通っていた「大阪モノレール」が由来になっています。1992年に大学のジャズサークル内から誕生してから20年、60~70年代のFUNKサウンドを現代に蘇らせることに執心して常に第一線を走り続けるバンドです。在学中からバーなどで経験を積み、2000年に日本ヒップホップのスター、ブッダブランドのアルバム『病める無限のブッダの世界』を皮切りに、さまざまなアルバムやシングルに参加し、そのFUNKサウンドに対する真摯な姿勢と音楽性を披露し続けてきました。2002年ごろに関東に拠点を移した後は、一連の7インチシングルがきっかけとなり、ロンドンを中心とした海外での評判が高まり、ヨーロッパでの流通が確立されるようになると、マーヴァ・ホイットニーの初来日ツアーの企画・実現やニューアルバムのプロデュースやヨーロッパでのカムバックツアーの実現、毎年のヨーロッパへの遠征と、活躍の場を海外にも広げていきました。結成20年を迎えた2012年には、33公演にも及ぶ北米・ヨーロッパのワールドツアーを敢行、カナダのモントリオール国際ジャズフェスティバルへの出場も果たし、11月には彼らが敬愛してやまないFUNKマスター、フレッド・ウェスリーとの共演も果たしました。国内外問わず走り続ける彼らの活躍は、とどまることを知りません。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口