チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

喜劇 お染与太郎珍道中のチケット一覧

1999年に日本インターネット大賞で最優秀男優賞を受賞し、着実にキャリアを積み重ねてきた俳優、映画監督、そして演出家と多彩な顔を持つ寺十吾(じつなしさとる)が演出を手掛ける舞台「喜劇 お染与太郎珍道中」が2021年2月2日から3月5日まで上演されます。2月2日から14日までは京都の南座、2月18日から3月5日までは東京の新橋演舞場です。1960年代から80年代までテレビ、舞台を中心に活躍した劇作家である小野田勇が手がけた喜劇・与太郎めおと旅をもとに、現代の世相を反映して新しい風を吹き込んだ喜劇となりました。出演は舞台を中心に数々の喜劇を演じてきた女優の渡辺えりとテレビをはじめ、数々のメディアで実績を積んできた俳優・八嶋智人を中心とした多彩な顔ぶれとなっています。江戸時代、東海道五十三次の旅の途中で知り合った親子や夫婦などの間の交流によって巻き起こる笑いあり、涙ありの人情喜劇です。思いもよらない化け物が登場し、人情喜劇にインパクトを添えています。

喜劇 お染与太郎珍道中の日程

すべての日程

喜劇 お染与太郎珍道中

喜劇 お染与太郎珍道中のチケットを都道府県で探す

かつて名脚本家、劇作家として知られた小野田勇の作品・与太郎めおと旅が演出家の寺十吾によって現代風にアレンジされた舞台「喜劇 お染与太郎珍道中」は人情味あふれるドタバタ喜劇です。1978年に劇団を結成してから数々の舞台、テレビ、映画などに出演してきた実力ある女優として知られる渡辺えりが主演であるお染を演じ、相方である与太郎役には長年舞台だけではなく、ドラマやバラエティ番組でも実力を遺憾なく発揮してきた俳優・八嶋智人が務めます。八嶋はお役者小僧との二役を務めることとなっており、演技力の高さを存分に発揮して舞台を盛り上げます。他にも多数の実力ある名優たちが名を連ねており、江戸時代にお伊勢参りに出かける東海道五十三次の旅路を舞台として、旅先で出会う様々な人との交流や旅の出来事をメインに繰り広げられる喜劇です。巡礼をする親子やお役者小僧、さらに訳ありの夫婦や箱根の大ムカデなど彼らが旅を通じてどのように成長するのか、他の人との交流によってどんな結果が巻き起こるのかが明るく楽しく描かれています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート