舞台 恐るべき子供たちのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

舞台 恐るべき子供たちのチケット一覧

「恐るべき子供たち(Les Enfants Terribles)」はフランスの詩人、ジャン・コクトーが1929年に書いた作品です。古典文学の悲劇を描いたストーリーで、コクトーの代表作のひとつです。エリザベートとポール姉弟の歪んだ愛情が表現されており、思春期の少年少女の心の葛藤をたくみに描いたストーリーです。1950年にはフランスの映画監督、ジャン=ピエール・メルヴィルによって映画化されました。また日本語訳版は1953年3月に刊行されています。2019年5月18日から6月2日まで、KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ(神奈川)に上演されます。なお5月18日と19日はプレビュー公演です。出演は南沢奈央(エリザベート役)、柾木玲弥(ポール役)、松岡広大(ジェラール役)、馬場ふみか(アガート役)です。上演台本をノゾエ征爾、演出を白井晃が担当します。本公演は白石監督による、近現代戯曲を現代の視点で蘇らせるシリーズ作品となります。

舞台 恐るべき子供たちの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/6/2()
  • 15:00
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
千秋楽公演 E列 1~22番(B列が最前列のため、実質4列目となります)
2枚連番(バラ売可)6,500円/枚
  • 2019/6/2()
  • 15:00
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
全席指定席 (B列が最前列) F列~H列 6番~17番 センターブロック内 千秋楽公演
1枚のみ6,800円/枚
  • 2019/6/1()
  • 18:00
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
H列11-19番
2枚連番(バラ売可)5,000円/枚
  • 2019/5/31()
  • 15:00
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
E列5番
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/5/31()
  • 15:00
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
全席指定席 (B列が最前列) B列~C 列 6番~17番内の2枚連番 センターブロック内
2枚連番(バラ売不可)7,900円/枚
  • 2019/5/31()
  • 15:00
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
C列(2列目)センターブロック 6〜17番(通路側)B列が最前列です。複数当選してしまい、行ってくださる方どうぞよろしくお願い致します。
1枚のみ8,000円/枚
  • 2019/5/29()
  • 19:30
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
G列 10番~15番の間
1枚のみ3,000円/枚
  • 2019/5/26()
  • 15:00
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
G列10番台
1枚のみ6,000円/枚
  • 2019/5/19()
  • 15:00
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
F列一桁
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/5/19()
  • 15:00
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
B〜C列 連番 (最前はB列)
2枚連番(バラ売可)5,000円/枚
  • 2019/5/18()
  • 18:00
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
B〜C列 センターブロック 1枚
1枚のみ5,648円/枚
  • 2019/5/18()
  • 18:00
KAAT神奈川芸術劇場

神奈川県

舞台 恐るべき子供たち
全席指定 D列 1番〜17番内
1枚のみ7,000円/枚

「恐るべき子供たち(Les Enfants Terribles)」は1929年に発表された中編小説です。原作は劇作家としても知られるフランスのジャン・コクトーが手掛けました。ジャン・コクトーが得意としている古典文学の悲劇作品で、代表作として広く知られています。薬物中毒の治療のため入院していた際、わずか3週間ほどで書き上げたとされています。親に先立たれ、気ままに生きているエリザベートとポール姉弟の浮世離れした暮らしの中にある、少年少女特有の心の葛藤や、子どもならではの残虐性がリアルに描かれています。姉弟の前に現れた美少年との出会いで二人の暮らしが崩壊し、悲劇的な結末を迎えます。アンファンテリブルという言葉は、この作品のタイトルから取られたことでも知られています。日本では1953年に日本語訳版の小説が発売されました。2019年には、ノゾエ征爾(脚本)、白井晃(監督・演出)によって舞台化されました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口