20/6/3(水) 19:00 フェスティバルホールの公演 小沢健二のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

小沢健二(オザケン) So kakkoii 宇宙 Shows
20/06/03(水) 19:00 フェスティバルホール

会場情報

小沢健二は、日本のシンガーソングライター。愛称はオザケン。 1993年にシングル「天気読み」でデビュー。1993年にシングル「天気読み」でデビュー。1994年にスチャダラパーと共に「今夜はブギー・バッグ」をリリースし、50万枚を超えるヒットとなる。これにより小沢の名が一層広く知れ渡ったほか、日本でのラップ・ミュージックやヒップホップのポピュラー化のきっかけとなった。 その他「カローラIIにのって」「強い気持ち・強い愛」「ラブリー」「僕らが旅に出る理由」などが代表曲として挙げられる。 自身初のソロライブは、1993年に行われた日比谷野外音楽堂でのフリーコンサート。 翌年には初の全国ツアー「Disco To Go」を開催。 1995年には全国ツアー「KENJI OZAWA NATIONAL TOUR '95 VILLAGE」にて、初の武道館、大阪城ホール公演を行った。 1998年、シングル「春にして君を想う」をリリース後しばらく活動を休止。 2010年5月に、13年ぶりの全国ツアー「ひふみよ 小沢健二 コンサートツアー 二零一零年 五月六月」を開催した。NHKホールと福岡サンパレス公演には、スチャダラパーがゲスト出演した。 2012年には「東京の街が奏でる」と題したアコースティック主体のライブを東京オペラシティ・タケミツメモリアルにて開催。親交のあるミュージシャンによる前説や影絵など新たな試みが実施された。 2016年5月25日から6年ぶりの全国ツアー「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」を開催。東京、愛知、大阪、広島、札幌、福岡の合計14公演を実施する。 2017年には19年ぶりのシングル「流動体について」をリリース。SEKAI NO OWARIとコラボしたシングル「フクロウの声が聞こえる」も同年9月にリリース。2018年2月14日に映画「リバーズ・エッジ」の主題歌、「アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)」をリリースするなど、ここ数年の精力的な活動に昔からのファンも若い層も注目しています。4月23日、29日、5月2、3日にライブ「春の空気に虹をかけ」を東京、大阪で開催します。

小沢健二(オザケン)の日程

すべての日程

小沢健二 So kakkoii 宇宙 Shows
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目

小沢健二(オザケン)のチケットを都道府県で探す








渋谷系ミュージックの代表格である小沢健二。彼ほど東京の街の雰囲気を歌に乗せて奏でることができるミュージシャンはいません。フリッパーズギターの頃と同じ、少し固めのギターのストロークに乗せて、軽やかに刻むリズムが始まれば、コンサート会場はすぐに青い空を見上げながら、軽やかに渋谷の街を歩いていたころに戻っていくことができます。2000年代に入って様々なジャンルに挑戦し、音楽の幅を広げていきましたが、少し知的な味付けはデビュー当時と変わっていません。ドイツ文学者を父に、心理学者を母に、そして大指揮者を叔父に持つ家系の良さからくる、力まない感じも魅力です。最近では、テレビに出演したり、インターネットを活用したコンサート活動などいままでとは違うアプローチにも取り組んでいます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口