Paul Draperのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

Paul Draperの来日ライブ・コンサートチケット一覧

Paul Draper(ポール・ドレイパー)は、イングランド・リバプールの出身のアーティストで、1990年代に活躍したバンド・マンサンのボーカルとギタリスト、そしてバンドプロデューサーとして活躍していました。2006年より主にプロデューサー業としての活動を開始し、アーティストへの楽曲提供やプロデュース業で精力的に活動していました。2016年にソロアーティストを開始し、6月に「EP One」をリリースし、いきなり全英12インチシングルレコードチャートで1位を獲得、その4か月後の10月には新曲「Friends Make The Worst Enemies」を、11月には「EP Two」をリリース。これもスマッシュヒットし、2017年にはイングランド6都市をめぐるソロツアーを敢行しています。 2017年にはアルバム「スプーキー・アクション」をリリースし、イングランドで盛り上がりを見せるポール・ドレイパーは、2019年3月に東京で一夜限りのアコースティックライブが予定していました。しかし即日完売してしまったため、熱いファンの要望に応え大阪を含む、東京4公演・大阪1公演の計5公演でライブを開催することになりました。

Paul Draperの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/3/7()
  • 20:00
TSUTAYA O-nest

東京都

PAUL DRAPER (MANSUN) ACOUSTIC JAPAN TOUR 2019
整理番号 A-95番
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/3/6()
  • 20:00
TSUTAYA O-nest

東京都

PAUL DRAPER (MANSUN) ACOUSTIC JAPAN TOUR 2019
スタンディング
2枚連番(バラ売可)5,500円/枚

もともとPaul Draper(ポール・ドレイパー)は、デビュー前は印刷会社で勤務しており、同じ会社で同僚であったストーヴ・キングと出会い、その後メンバーを加えマンサンというバンドで1995年に全英デビューしました。マンサンは英国の伝統的なグラムロックや、プログレやグランジといったさまざまな要素の音楽を取り入れたギターロックで注目を集めて、「オアシスの再来」とまで呼ばれるようになりました。1997年にリリースしたファーストアルバムは初登場で全英1位を獲得。その後も発表する楽曲はヒットを連発しましたが、長期ツアーの疲れが影響しマンサンは2003年に解散してしまいました。しかしマンサン解散後も、ファンが未発表の音源を発表するよう署名活動を行い、解散しているにもかかわらず2004年にアルバム「クレプタメイニア」を、2006年にはベストアルバム「レガシー:ザ・ベスト・オブ・マンサン」をリリースしました。 解散後もネット根強い人気を誇り、ポール・ドレイパーがソロ活動するために所属しているレーベル会社:Kscopeが、マンサン関係の楽曲・映像など全カタログを取得し、2017年のOne epの再発売を皮切りに、数年かけて大規模なリイシューキャンペーン開始しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口