パトリツィア・コパチンスカヤのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

パトリツィア・コパチンスカヤのコンサートチケット一覧

1977年、音楽家の両親の元に生まれたパトリツィア・コパチンスカヤは、モルドヴァ生まれで作曲とヴァイオリンをベルンとウィーンで学んでいます。2000年にシェリング国際コンクール優勝を果たし、ソリストとして世界中の交響楽団との競演を果たしているヴァイオリニストです。音楽祭からも数多く招かれ、世界各国のクラシックの祭典で有名なところには、ほぼ全て参加しているといわれています。日本にも複数回来日しており、そのたびにクラシックファンを感動させる演奏を奏でていますが、再来日し、2019年1月14日に東京・小石川にあるトッパンホールで、ヴァイオリンリサイタル「パトリツィア・コパチンスカヤ」を開催することが決まりました。競演するピアニストはポリーナ・レシェンコで、ラヴェルやバルトークなどを演奏する予定です。近現代の作曲家の演奏を積極的に行っていますが、古典についても演奏技術の高さや曲の解釈が評価されています。

パトリツィア・コパチンスカヤの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/1/14()
  • 15:00
トッパンホール

東京都

パトリツィア・コパチンスカヤ コンサート
全席指定:C列8~17番内
1枚のみ20,000円/枚

パトリツィア・コパチンスカヤは、裸足のヴァイオリニスト、それが彼女を称するときに誰もが口にする言葉です。演奏会で必ずといっていいほど裸足でステージの上に立ち、感情が高まると演奏だけではなく身体を積極的に動かすという情熱的なパフォーマンスや演奏で、会場に訪れたクラシックファンを魅了します。個性的な解釈を古典や近現代の作曲家の作品に対して行ったかと思えば、繊細な演奏を行うなど、縦横無尽な音楽を奏でるヴァイオリニストといえるでしょう。楽譜を読み解くセンスの良さや、意欲的に取り組む姿を高く評価する声が少なくありません。また、作曲家によって民族音楽の影響を受けた演奏を行うことでも知られ、楽譜にとらわれることのない生き生きとした個性を感じさせる演奏が印象的です。知的に解釈を行い、過去の資料と向き合って参考にするなど知的な面も多く持ちながら、ステージ上ではインスピレーションを大切にする感覚派としても知られています。一度でも耳にすると癖になって、忘れられなくなるというファンも珍しくありません。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口