ピアノジャックのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数139,570枚、本日の新着チケット数294

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

ピアノジャック(→Pia-no-jaC←)のライブ・コンサートチケット一覧

→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)は、ピアノのHAYATO、カホンのHIROの2人からなるインストゥルメンタルユニットです。2012年3月にオリジナルアルバム「暁」を、7月には葉加瀬太郎とのコラボレーションアルバム「BATTLE NOTES」、12月にはクラシックのカバーアルバム「EAT A CLASSIC 4」をリリースしました。厚みと彩りのあるオリジナリティに溢れたサウンドで注目され、多数のトリビュートアルバムやアーティストのアルバムに参加している他、宝塚歌劇団への楽曲提供やライブも精力的にこなしています。

ピアノジャック(→Pia-no-jaC←)の日程

すべての日程

→Pia-n→Pia-no-jaC← JAPANESQUE TOUR 2019o-jaC← JAPANESQUE TOUR 2019
TOKYO INSTRUMENTAL FESTIVAL 2019 Sing Your Song!

ピアノジャック(→Pia-no-jaC←)の過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2018/12/22()
  • 17:00
Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

東京都

→Pia-no-jaC← 2018 大忘年会Vol.10 HIROの日
立見席 整理番号41番 ファミリーマート未発券です。発券番号をお知らせしますのでご自身で発券してください。別途、店頭発券手数料108円がかかります。
1枚のみ2,500円/枚
  • 2018/10/8()
  • 15:00
日比谷野外大音楽堂

東京都

→Pia-no-jaC← 10th Anniversary →PJ← History
Bブロック5列目14番
1枚のみ3,750円/枚
  • 2018/10/8()
  • 15:00
日比谷野外大音楽堂

東京都

→Pia-no-jaC← 10th Anniversary →PJ← History
Bブロック3列27番28番
2枚連番(バラ売不可)4,500円/枚
  • 2018/10/8()
  • 15:00
日比谷野外大音楽堂

東京都

→Pia-no-jaC← 10th Anniversary →PJ← History
ファンクラブ先行 Bブロック2列40番
1枚のみ5,000円/枚
  • 2018/10/8()
  • 15:00
日比谷野外大音楽堂

東京都

→Pia-no-jaC← 10th Anniversary →PJ← History
6列 5番6番 良席です!
2枚連番(バラ売不可)6,000円/枚
  • 2018/8/16()
  • 18:30
DUO MUSIC EXCHANGE

東京都

→Pia-no-jaC← 10th Anniversary 組曲 Diggy-MO'
ファンクラブで当たりました整理番号200番代前半です!
1枚のみ4,500円/枚
  • 2018/8/16()
  • 18:30
DUO MUSIC EXCHANGE

東京都

→Pia-no-jaC← 10th Anniversary 組曲 Diggy-MO'
先行チケット90番台が1枚です。当日手渡し可能です。
1枚のみ5,000円/枚
  • 2018/8/16()
  • 18:30
DUO MUSIC EXCHANGE

東京都

→Pia-no-jaC← 10th Anniversary 組曲 Diggy-MO'
先行チケットです。90番台の連番です。
1枚のみ6,000円/枚
  • 2018/7/14()
  • 17:00
umeda TRAD

大阪府

→Pia-no-jaC← 10th Anniversary 組曲 怒髪天
整理番号A1~10番
2枚連番(バラ売可)13,000円/枚
  • 2015/2/7()
  • 17:00
KBSホール

京都府

→Pia-no-jaC←Swing Pacchin Tour 2015
全席指定 7列
2枚連番(バラ売可)3,000円/枚

→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)

→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)は、ピアニストのHAYATOとカホーンのHIROが結成したインストゥルメンタルユニットです。ピアノと打楽器であるカホーンしかないのに、圧倒的で重厚なサウンドが特徴になっています。ジャズでもクラシックでもない、ハイブリッド・インストゥルメンタルという、まったく新しい、けど楽しい演奏が楽しめます。ライブについては、国内に限らず、フランスをツアーしたり、韓国のフェスティバルに出演したりと世界にも出て行ってライブ活動を行っています。ここ数年は、毎年ライブハウスツアーや野外フェスティバルにも出演していますので、ライブを見る機会も豊富です。カホーンという楽器は、ぱっと見は木製の箱か椅子のように見えますが、その上に座って叩く場所によって音色が変わりますので、非常に表現力に富んだ楽器です。そのカホーンがピアノにスリリングに絡むのですから、たったふたりとはとても思えない、そんなライブです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口