ピエール=ローラン・エマールのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数165,127枚、本日の新着チケット数1,596

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

ピエール=ローラン・エマールのコンサートチケット一覧

現代と古典、両方奏でるピアニストとして名をはせているピエール=ローラン・エマールは、フランスのリヨン出身です。1973年にパリ音楽院で室内楽演奏を行い褒賞され、同じ年にオリヴィエ・メシアン国際コンクール優勝を果たしました。その後世界各地で演奏している国際的な音楽家です。とくに現代音楽に対して造詣が深いといわれていますが、彼にとっては現代と古典の境界線は関係なく、純粋に音楽をクリエイトしているといわれています。日本にも定期的に来日をしていますが、東京都千代田区紀尾井町の紀尾井ホールで2019年3月21日の15時から、「ピエール=ロラン・エマールピアノ・リサイタル」が開催されることが決定しました。ジョージ・ベンジャミンやアントン・ウェーベルンのような現代的な音楽家の作品だけではなく、J.S.バッハのような古典も同時に演奏するのが、枠にとらわれないピエール=ローラン・エマールの特徴といわれています。

ピエール=ローラン・エマールの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/3/21()
  • 15:00
紀尾井ホール

東京都

ピエール=ロラン・エマール ピアノ・リサイタル
1階2列4番(S席)
1枚のみ5,000円/枚

ピエール=ローラン・エマールは、技巧派で、知性的な音を奏でるピアニストと一部では言われています。しかし、分析したかのような味気ない音楽ではなく、あくまでも自然で美しい演奏に仕上がっていると評価されることが少なくありません。また、年齢に関係なく好奇心旺盛な行動が多く、あくまでも関心の赴くままに演奏した結果、大きな話題を呼ぶことが多いといわれています。古典も現代音楽も、彼独自の個性的なアプローチによって、新しい音楽に仕上がっていることも多いです。彼の音楽に身をゆだねていると、演出のダイナミックさに驚かされることもさることながら、縦横無尽な音の広がりを感じるというファンの声も多数存在しています。ピアノの音が鳥のさえずりのように聞こえて、心地よくなるというファンもいるほどに、陶酔できる音楽を奏でるピアニストとして、クラシックファンの間では有名です。2017年にクラシック界のノーベル賞といわれているドイツのジーメンス賞を受賞し、今後ますますの活躍が期待されています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口