POLPOのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数166,186枚、本日の新着チケット数557

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

POLPO(ポルポ)のライブ・コンサートチケット一覧

POLPO(ポルポ)は2017年に結成された音楽ユニットです。メンバーはロックバンドPay money To my Painでギターを担当しているPABLOと、The BONEZでドラムスを担当しているZAXの二人です。二人はユニットが結成される前から互いに友人だったのですが、二人が知り合ってからちょうど30年が経過したことをきっかけにして、今回新しいユニットが結成されました。POLPOとしての活動が本格的に始まったのは2018年のことです。この年の1月にグループのファーストアルバムである『peels off』を発売しました。この作品は通常のCD版だけでなく、LPレコード版も製作されています。『peels off』は全10曲入りのアルバムで、アルバムの一番はじめに収録されている「30 Steps」から、最後の「A fool born in April」まで二人の個性があふれた作品となっています。このアルバムに収録されている曲としては他にも「in the mountain」や「Rhaphidophoridae」などの作品がありますが、いずれもPABLOのギターと、ZAXのドラムの魅力がしっかりと堪能できる作品になっています。

音楽ユニットとしてのPOLPOの大きな魅力は、楽器演奏のスペシャリストである二人のメンバーが協力して、一つの音楽を作り出していることです。ギターを担当しているPABLOは、自身の所属しているバンドPay money To my Painでも長年の間、ギタリストとして活躍してきた経験があるために、高い演奏力を持っているのが魅力です。ドラムスのZAXも「The BONEZ」でずっとバンドを支え続けてきたために、演奏力には定評があります。ミュージシャンとして長いキャリアを持っている二人が、それぞれのバンドで培ってきた技術を持ち寄って、一つの全く新しい音楽を作り出しているのが、音楽ユニットとしてのPOPOLOの特徴です。二人の所属しているバンドはロックバンドという点では共通しているのですが、スタイルが微妙に異なっているために、そうしたスタイルの相違もグループが生み出す音楽の良い刺激となっています。PABLOの安定したギター演奏とZAXのドラムでしか作り出せない作り出せない独自の世界がPOPOLOにはあります。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口