舞台芸術集団 地下空港のチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数152,814枚、本日の新着チケット数558

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

舞台芸術集団 地下空港のチケット一覧

2016年に上演された「舞台 ポセイドンの牙」は、意表を突く展開と、奇想天外な演出が好評を博しました。作・演出を手掛けたのは、舞台芸術集団・地下空港を主宰する伊藤靖朗です。2017年は”Version蛤(はまぐり)”として、新たに個性的なキャストをメンバーに加え、パワーアップしました。 ストーリーは中津乙亀市の水産高校に通う男子高校生・スイサンズのメンバーが“黄金の釣針”をめぐって海の神々や生き物たちと戦う冒険劇です。個性豊かでどこかおバカな高校生たちの活躍や、軽妙な会話の中に、戦争や環境問題に対する痛烈なメッセージが込められた壮大なストーリーです。 伊藤靖朗氏の作品の特色は、「構造的寓話」とも言われ、現代人が抱える苦悩や希望を寓話性を秘めたストーリーで描き出します。緻密に練られた独特の世界観を美術・音楽・衣裳などあらゆる舞台芸術を駆使し、多彩な演出で、客席を含めた会場全体を巻き込む壮大なスケールで表現しました。国内外からも高い評価を得ています。痛烈な社会風刺と芸術性という相反する2つの課題を、「硬いテーマを楽しい表現で」という独自の手法で観客に投げかけています。

舞台 ポセイドンの牙」は架空の海洋都市・ナカツ県オトガメ市を舞台に、水産高校に通うバカ男子高校生ら「スイサンズ」が、資金難から防衛人材育成高校(男子校)へと変わってしまう母校を救う為に、伝説の宝物「黄金の釣り針」をめぐって海の怪物たちと争奪戦を繰り広げる話です。異色の冒険譚と独特の世界観が見ものです。 「舞台 ポセイドンの牙」が最初に上演されたのは2016年です。奇抜な発想と大掛かりで独特な演出で人気を博しました。2017年は装いも新たに、”Version蛤(はまぐり)”としてパワーアップして上演しています。 舞台の魅力はなんといっても伊藤靖朗氏の不思議な世界観でしょう。架空の都市でありながら架空ではない、綿密に作り上げられた幻想的な世界です。現代社会の抱える数々の問題点を盛り込んだ構造的寓話と言われる手法で、風刺精神を織り込みながら作った世界です。それを後押ししているのが、壮大な舞台演出です。客席まで巻き込んだ演出方法は見るものを不思議の世界に取り込んでしまいます。 明るくて軽いノリの高校生たちを演じる個性豊かな俳優陣が作品の世界を奥深いものにしています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口