Qomolangma Tomatoのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

Qomolangma Tomato(チョモランマ・トマト)のライブ・コンサートチケット一覧

Qomolangma Tomato(チョモランマ・トマト)は日本のオルタナティブバンドの一つで、2003年に横浜で結成されました。メンバーは、ボーカルの石井成人、ギターの小倉直也、ベースの北沢寿浩、ドラムスの大工原幹雄の4人組で、メンバーの脱退と加盟の後現在の姿で活動するようになりました。2007年4月にファーストアルバム「チョモと僕は柵の中」を発売し、同じ年のサマーソニックのマウンテンステージに出演を果たしました。全ての楽曲の作詞を手掛け、また作曲も担当しているのはボーカルの石井成人で、代表的なアルバムはオリコン最高71位を獲得したcamouflageです。2014年5月に行われた石井ナルトソロ引き語りツアーのようにソロでの活動も精力的に行っています。

Qomolangma Tomatoのライブの魅力について

Qomolangma Tomato(チョモランマ・トマト)のライブはアップテンポやロックチューンの激しい曲調の楽曲が多くある事から毎回お祭り騒ぎのような盛り上がりがある事が特徴となっています。オルタナティブロックをメインのジャンルにしている事からライブ中にはモッシュやダイブが頻繁に行われている事も見所の一つです。ワンマンライブだけではなく、規模の大きな野外フェスや他のアーティストが主催しているライブへの参加から自らが主催するイベントも行っている等、精力的にライブを行っています。数多くのライブの経験を積んでいる事でバンドの良さの魅せ方やパフォーマンスのレベルが高く安定したクオリティーの高いライブを見る事が出来ます。アルバムに収録されている楽曲を中心に「リレイション」といったファンから人気のある曲のライブ構成となっています。ボーカルの石井成人の聞いていて心地の良い声質やパワフルな声量に負ける事のない表現力の高い演奏力を持ちあわせています。初めて聞いた楽曲でもノリの良いキャッチーなメロディーとなっている事や想像力を駆り立てられるような歌詞が魅力です。時間を忘れる事の出来る引力や演出を体感する事が出来るクセになってしまうライブとなっています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口