RAINER KUCHLのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数154,628枚、本日の新着チケット数2,786

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

RAINER KUCHL(ライナー・キュッヒル)のコンサートチケット一覧

RAINER KUCHL(ライナー・キュッヒル)は、オーストリアのヴァイトホーフェン・アン・デア・イプス出身のヴァイオリニストです。11歳でヴァイオリンを始め、17歳のころからソリストとして活動。1971年には20歳という若さで、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団およびウィーン国立歌劇場管弦楽団の第2コンサートマスターに就任しています。1992年、前任者の死去を受けて第1コンサートマスターに就任。また、同時期にウィーン国立音楽大学教授にも就任しています。2016年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国立歌劇場管弦楽団を定年退職後、2017年よりNHK交響楽団のゲスト・コンサートマスターに就任しました。使用楽器は、1725年製のストラディヴァリウス「シャコンヌ」。妻が日本人ということもあって長く日本と音楽を通じた交流を行っており、それが評価され、2011年には旭日中綬章を受章しています。

RAINER KUCHL(ライナー・キュッヒル)の日程

すべての日程

ライナー・キュッヒル&福田進一 デュオコンサート

RAINER KUCHL(ライナー・キュッヒル)のチケットを都道府県で探す

RAINER KUCHL(ライナー・キュッヒル)は、元ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターとして活躍、定年退職後の2017年4月よりNHK交響楽団のゲスト・コンサートマスターに就任し、N響ファンのみならず、日本中のオーケストラに熱狂的な歓迎をもって迎えられたヴァイオリニストです。コンサートマスターとは、最高のヴァイオリニストとしてのみならずオーケストラをまとめる役割を果たすという、実力・人徳ともに高い精度で認められたポジションです。まさにRAINER KUCHL(ライナー・キュッヒル)は、世界最高峰のオーケストラとして名高いウィーン・フィルの至上のクオリティを永年育て、支え続けてきた希有な存在なのです。また、日本が誇る世界的指揮者、小澤征爾とは永年にわたり熱い友情で結ばれ、オーストリアのみならずヨーロッパのオーケストラと日本との音楽交流を、大の知日家・親日家として率先して支えてきたことから、2011年に旭日中綬章を受章しました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口