チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

東北楽天ゴールデンイーグルスのチケット一覧

東北楽天ゴールデンイーグルスは、宮城県仙台市に本拠地を置くプロ野球球団。パシフィック・リーグに所属しており、仙台市宮城野区にある楽天生命パーク宮城をホームとしています。通称は「楽天イーグルス」もしくは「東北楽天」。2004年の球団再編問題により、プロ野球としては50年ぶりの新設球団として誕生しました。球団運営を手がけるのは日本を代表するIT企業・楽天の子会社、株式会社楽天野球団です。創設当初は初代監督に田尾安志を迎え、他球団との無償トレードや自由契約の選手を多数獲得。金銭トレードで岩隈久志投手、ドラフト会議の自由獲得枠で一場靖弘投手を獲得するなど即戦力の増強を図りました。しかし、初のシーズンとなった2005年は最下位となり、田尾監督は解任。後任として、ヤクルトや阪神など数多くのチームを率いた名将・野村克也が監督に就任しました。さらに戦力を増強して臨んだ2006年でしたが、2年連続のシーズン最下位に終わり、「最弱球団」と揶揄される状況が続きます。こうした中、同年の高校生ドラフトで駒大苫小牧高校のエースだった田中将大投手を獲得しました。2007年には、山﨑武司選手が本塁打・打点の二冠王、田中投手が新人王を獲得。シーズン成績を4位で終え、チーム史上初めて最下位を脱しました。2011年には闘将と名高い星野仙一監督が就任し、2013年には、チーム初となるリーグ優勝と日本一を達成しました。この年には、24勝0敗を上げた田中投手がプロ野球史上初となる無敗での最多勝を獲得しています。2019年シーズンはリーグ3位となり、2年ぶりのクライマックスシリーズ出場を果たしました。東北楽天ゴールデンイーグルスは、これまでに2014年入団の松井裕樹投手や2015年入団のオコエ瑠偉選手など、その年を代表する注目ルーキーを多数獲得。岸孝之投手、浅村栄斗選手、2020年入団の涌井秀章選手、牧田和久投手など球界を代表する選手も数多く在籍しています。二軍監督を務めていた三木肇を一軍監督に迎え、新体制で臨む2020年シーズン。「NOW or NEVER いまこそ 日本一の東北へ」をスローガンに、2013年以来の日本一を目指します。

東北楽天ゴールデンイーグルスの日程

すべての日程

東北楽天ゴールデンイーグルスVS横浜DeNAベイスターズ 2020
東北楽天ゴールデンイーグルスVS中日ドラゴンズ 2020
東北楽天ゴールデンイーグルスVS阪神タイガース 2020
東北楽天ゴールデンイーグルスVS福岡ソフトバンクホークス 2020
東北楽天ゴールデンイーグルスVSオリックス・バファローズ 2020
東北楽天ゴールデンイーグルスVS埼玉西武ライオンズ 2020
東北楽天ゴールデンイーグルスVS千葉ロッテマリーンズ 2020
東北楽天ゴールデンイーグルスVS北海道日本ハムファイターズ 2020
東京ヤクルトスワローズVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2020
広島東洋カープVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2020
北海道日本ハムファイターズ VS東北楽天ゴールデンイーグルス 2020
福岡ソフトバンクホークスVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2020
千葉ロッテマリーンズVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2020
オリックス・バファローズVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2020
埼玉西武ライオンズVS東北楽天ゴールデンイーグルス 2020
席種
イーグルス-楽天生命パーク宮城
スワローズ-明治神宮野球場
カープ-マツダスタジアム
ファイターズ-札幌ドーム
ホークス-paypayドーム
マリーンズ-ZOZOマリンスタジアム
バファローズ-京セラドーム
ライオンズ-メットライフドーム
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全115件 1-100件目

東北楽天ゴールデンイーグルスのチケットを都道府県で探す

東北楽天ゴールデンイーグルスが好きな方はこちらもおすすめ








東北楽天ゴールデンイーグルスは、日本を代表するプロ野球球団の1つです。パ・リーグに属しており、現存する球団の中ではセントラルリーグも含めて最も新しい球団です。本拠地は、宮城県仙台市にあり、地方創生や地方活性化にも大きく貢献を果たしています。 同球団は、プロ野球が始まって以来初めて東北地方に本拠地を置く球団として、多くの話題を集めることになりました。プロ野球という誰もが親しむ国民的スポーツを通して地域社会に活気をもたらすその活動の範囲は、実に多岐に渡っています。 現在ではメジャーリーグで活躍している田中将大投手など、過去や現在の在籍選手たちは子どもたちの憧れの存在となっています。 シーズンオフには、応援への感謝の意味も込めてファンとの交流イベントや野球教室を開催するなど、ファンサービスにも余念がありません。選手の中には、地元出身の選手はもちろん、外国人や遠方出身選手なども多く、それぞれの魅力を存分に発揮しています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート