Rock Opera R&Jのチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

Rock Opera R&Jの来日ライブ・コンサートチケット一覧

「Rock Opera『R&J』」は、ウィリアム・シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を原作とした、新感覚のロックオペラです。近未来のトラジコメディ(悲喜劇)に仕立てられており、ロックとダンスが融合したこれまでにないオペラ作品となっています。世界各国で上演されてきた「ロミオとジュリエット」ですが、オペラの題材に取り上げられることも多く、これまでに複数のオペラ版が上演されてきました。また原作は1500年代に成立したものですが、その時々の時代に合った内容に翻案されています。「Rock Opera『R&J』」の脚本・演出は鈴木勝秀、音楽は大嶋吾郎が手がけます。キャッチコピーは「オレはこいつに一目惚れ アタシもこいつに一目惚れ」で、ロミオ役を佐藤流司、ジュリエット役を仲万美、ロレンス神父を陣内孝則が演じます2019年6月14日から6月23日まで日本青年館ホール(東京)にて、7月4日から7月7日まで森ノ宮ピロティホール(大阪)にて上演されます。

Rock Opera R&Jの過去の取り扱いチケット

開演日時会場座席枚数価格
  • 2019/7/7()
  • 18:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

Rock Opera『R&J』
C列 31〜35番
1枚のみ28,000円/枚
  • 2019/7/7()
  • 13:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

Rock Opera『R&J』
J列 19~30番
1枚のみ7,500円/枚
  • 2019/7/7()
  • 13:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

Rock Opera『R&J』
J列 19〜30番 センターブロック
1枚のみ9,000円/枚
  • 2019/7/6()
  • 18:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

Rock Opera『R&J』
L列 5〜25番
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/7/6()
  • 18:00
森ノ宮ピロティホール

大阪府

Rock Opera『R&J』
L列19-30列目
1枚のみ8,500円/枚
  • 2019/6/23()
  • 17:00
日本青年館

東京都

Rock Opera『R&J』
2A例35~50番
1枚のみ5,000円/枚
  • 2019/6/23()
  • 17:00
日本青年館

東京都

Rock Opera『R&J』
1階 1O(オー)列 16〜34番 センターブロック
2枚連番(バラ売可)5,000円/枚
  • 2019/6/23()
  • 17:00
日本青年館

東京都

Rock Opera『R&J』
1階 1M列 25-45番
1枚のみ10,040円/枚
  • 2019/6/23()
  • 12:00
日本青年館

東京都

Rock Opera『R&J』
1階O列通路横
1枚のみ4,000円/枚
  • 2019/6/19()
  • 13:00
日本青年館

東京都

Rock Opera『R&J』
1階L列1〜15
1枚のみ4,000円/枚
  • 2019/6/19()
  • 13:00
日本青年館

東京都

Rock Opera『R&J』
S席 1階 1O列 下手
1枚のみ4,750円/枚
  • 2019/6/16()
  • 18:00
日本青年館

東京都

Rock Opera『R&J』
1階1M列25~34
1枚のみ6,000円/枚
  • 2019/6/15()
  • 18:00
日本青年館

東京都

Rock Opera『R&J』
1階 1L〜1M列 10〜20番
1枚のみ4,000円/枚
  • 2019/6/14()
  • 19:00
日本青年館

東京都

Rock Opera『R&J』
2階2A列
1枚のみ3,900円/枚

2019年6月14日から7月7日まで、日本青年館ホールと森ノ宮ピロティホールにて上演される「Rock Opera『R&J』」は、ロックオペラ作品です。原作は劇作家ウィリアム・シェイクスピアの恋愛悲劇「ロミオとジュリエット」で、近未来のトラジコメディ(悲喜劇)に翻案した作品です。ロックとダンスをベースに、これまで上演されてきた「ロミオとジュリエット」にはなかった世界観をオペラ作品として描いています。脚本・演出を鈴木勝秀、音楽を大嶋吾郎が担当します。ロミオ役を2.5次元ミュージカルなどで活躍中で本作が佐藤流司が演じます。ジュリエット役を、マドンナや椎名林檎のバックダンサーとしても活動している仲万美が演じます。シェイクスピアの古典作品を現代ロック風にアレンジし、退廃的で挑戦的な主演ふたりのビジュアルに注目が集まっています。これまでのロミオとジュリエット像を一変させるような作品として期待されています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口