reading noteのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

reading note(リーディングノート)のライブ・コンサートチケット一覧

ボーカル・ギターの平田勝久、ギターのsuzuki、ベースの真貴、ドラムの平郡智章の4人によるバンド。2005年に大阪で結成し、イベントやライブ活動を精力的に展開する彼らは、2007年にリリースした自主制作アルバム「pallet」ではMBSラジオ番組ファン投票5週連続1位を獲得しました。2008年には、音楽活動を通じてチャリティーイベント「Makeafuture」の活動をスタートしました。2011年には、活動拠点を東京に移すと共に、バンド名をreading note(リーディングノート)に変更しました。2012年夏には、上京して初のワンマンライブをshibuyaeggmanで行い、2013年には、池袋・新宿でのストリートライブを展開し、同年12月にはミニアルバム「7+3」をリリースしました。

reading note(リーディングノート)の日程

すべての日程

reading note 僕はここにいるよ

reading note(リーディングノート)のチケットを都道府県で探す

reading note(リーディングノート)について

日本で活動を行っているロックバンドのreading note(リーディングノート)は、近年インターネット上で注目を集めており、五月病バンドと呼ばれています。五月病と聞くと憂鬱なイメージがありますが、実際にはそういうマイナスのイメージで名づけられているわけではなく、「憂鬱で何もできないような時に、五月雨のようにそっと寄り添ってくれるような」バンドだからという意味が込められています。そう言われているように、優しくそっと寄り添うような楽曲と歌詞が非常に魅力となっており、癒されたい時に聞きたいと言われている楽曲を数多く提供しています。そのためライブの際にも盛り上がるというよりは癒されるという感覚が強く、まったりとした雰囲気が非常に魅力なライブとなっているところが特徴です。ライブ活動に関しては基本的にワンマンライブで開催されることが多いですが、音楽フェスタなどでゲスト出演していることも多く、その音楽活動は幅広くなっています。また、ストリートライブも積極的に行ってきた経緯があり、現在ではストリートライブは行われていませんが、よりファンや観客との交流を大切にしているバンドとして人気や支持を集めていると言えます。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口