リチャードクレイダーマンのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

現在の掲載チケット数158,678枚、本日の新着チケット数503

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は券面額より低くても高くても設定可能。

リチャードクレイダーマン(Richard Clayderman)のコンサートチケット一覧

Richard Clayderman(リチャード・クレイダーマン)はフランスのピアニスト。本名はフィリップ・ロベール・ルイ・パジェス。スタジオ・ミュージシャンとして活躍中に1976年、名プロデューサー、オリビエ・トゥッサンにオーディションで発掘され、翌1977年、『渚のアデリーヌ』でソロ・デビュー。 次々とヒットを放ち世界的な名声を得る。 以来、1年の半分以上を海外での演奏活動に費やすほか幅広いレパートリーの録音活動を続けている。 1980年には日本で初のコンサートを開き、「ニュー・イージーリスニング・ミュージック」として注目されるようになった。 以来、毎年5月前後に日本でコンサートを行うほか、年300日はコンサートをしており、ギネス記録に認定された。劇場版アニメ『綿の国星』のテーマ曲を演奏している。 特に日本でその名を初めて広めたのは1981年のシーボン化粧品のCMで流れた「愛のコンチェルト」であり、このCMは当時頻繁に流れたが中でもフジテレビの『笑ってる場合ですよ!』の番組後半や『FNNニュースレポート6:00』で流れたこのCMは当時の番組視聴者の主婦層を中心に絶大なインパクトを与え、たとえ曲のタイトルを知らなくても曲を聴けば「あの化粧品の曲だ」とわかるほどであった。1982年には「星のセレナーデ」に岸田智史と下田逸郎が歌詞をのせ、「潮風のセレナーデ」のタイトルで岸田がカヴァーした。オリジナル曲は、センヌヴィルやプロデューサーのトゥッサン作曲のものが多い。他のアーティストとの共演も行っており、アルバムではロイヤルフィルハーモニー管弦楽団(『ピアノ・ラプソディ』 1985年)、ジェームス・ラスト・オーケストラ(『木漏れ日の詩』 1991年)、レイモン・ルフェーブル・グランド・オーケストラ(『郷愁の詩』 1995年4月21日)との共演盤がある。

リチャードクレイダーマン(Richard Clayderman)の日程

すべての日程

リチャード・クレイダーマン 2019 with ストリングス・トリオ&パーカッション
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全2件 1-2件目

リチャードクレイダーマン(Richard Clayderman)のチケットを都道府県で探す


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口