19/6/21(金) 19:00 なんばHatchの公演 ロットングラフティーのチケット売買ならチケットストリート

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

現在の掲載チケット数155,706枚、本日の新着チケット数990

チケストは日本最大級のチケットフリマ(二次販売)です。取引額は定価より安い、または高い場合があります。

ロットングラフティー(ROTTENGRAFFTY) ROTTENGRAFFTY 20th Anniversary Beginning of the Story
19/06/21(金) 19:00 なんばHatch

会場情報

ロットングラフティー(ROTTENGRAFFTY)は、1999年に京都で結成されたロックバンドです。メンバーはVo.NOBUYA(ノブヤ)、Vo.N∀OKI(ナオキ)、Gt.Pro.KAZUOMI(カズオミ)、Ba.侑威地(ゆういち)、Dr.HIROSHI(ヒロシ)の5人で、ツインボーカル体制の5人組という、珍しい編成で知られています。バンド名の由来はセックス・ピストルズのジョニー・ロットン、MAXUSの楽曲「ROTTON」、N∀OKIの前のバンドの曲名「KYOTOグラフティー」を合わせた造語となっています。「古都のドブネズミ」をキャッチコピーとしていて、グッズ等にもドブネズミが使われています。2001年にベルウッド・レコードからミニアルバム「RADICAL PEACE×RADICAL GENOCIDE」をリリースしてデビューを果たし、自主レーベルBEDTIME FOR DEMOCRACYやユニバーサル内のレーベルINFERNO RECORDSなどを渡り、2018年現在はPINE FIELDSに所属しています。代表作としては、アニメ「ドラゴンボール超」のエンディングテーマになってオリコン10位も獲得したシングル『「70cm四方の窓辺」』、現在は入手困難となっているメジャーシングル「悪巧み〜Merry Christmas Mr.Lawrence」、自身初のオリコンアルバムランキングトップ10入りを果たした「PLAY」などがあります。屈指のライブバンドとしても知られていて、毎年12月には自主企画「ポルノ超特急」を開催している他、大型フェスやイベントにも多数出演し、2018年10月には初の日本武道館公演も経験しました。2018年12月から2019年1月にかけては、自身の結成20周年や「ポルノ超特急」の5周年企画、NO MATTER LIVE 2019などの大型イベントでライブが予定されています。

ロットングラフティー(ROTTENGRAFFTY)の日程

すべての日程

ROTTENGRAFFTY 20th Anniversary Beginning of the Story
2日通し券 ARABAKI ROCK FEST.19
1日券 ARABAKI ROCK FEST.19 -4/28
4日券 VIVA LA ROCK 2019
1日券 JAPAN JAM 2019 -5/4
1日券 VIVA LA ROCK 2019 -5/6
LOVE MUSIC FESTIVAL 2019 -6/1
1日券 百万石音楽祭2019 ミリオンロックフェスティバル -6/2
2日通し券 SATANIC CARNIVAL'19
1日券 SATANIC CARNIVAL'19 -6/16
1日券 NUMBER SHOT 2019 -7/20
3日通し券 OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL Vol.10
MUCC BIRTHDAY CIRCUIT 2019「40」ミヤ day COMMUNE Feat.EN Miya40TH SPECIAL
【5日通し券】ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロックインジャパン)2019
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全1件 1-1件目

ロットングラフティー(ROTTENGRAFFTY)のチケットを都道府県で探す





ROTTENGRAFFTY(ロットングラフティー)は結成当時より関西を中心に勢力的なライブを行ってきたミクスチャーロックバンドです。男性ツインボーカルが特徴で、メンバーチェンジはなく、バンドキャリアも15年目に突入し、唯一無二のサウンドが最高です。CDの音源もさることながらライブバンドとして名高く、ライブに行けば破壊的ノイズ、叙情的メロディー、攻撃面やアグレッシブさから創造性を増幅させるリズムと、心にたくさんの影響を受けること請け合いです。洋楽も邦楽もとけ込んだ、日本人らしいエネルギーを音楽からも歌詞からも感じることが出来、ラウドとメロウ、デジタルとアナログ、相対が共鳴する独特の疾走感を感じることが出来ます。会場は大きめのライブハウスが多いのでチケットのソールドアウトには気をつけましょう。会場に入れば、観客もメンバーも一緒に楽しめる感覚、お互いのパワーの相乗効果でよりいっそう一体感を感じることが出来るはずです。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口