竜馬四重奏のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

竜馬四重奏(リョウマシジュウソウ)のライブ・コンサートチケット一覧

竜馬四重奏(リョウマシジュウソウ)は、ヴァイオリン担当の竜馬、津軽三味線担当の雅勝、篠笛担当の翠、鼓(打楽器)担当の仁の4人からなるインストゥルメンタル・グループです。西洋のヴァイオリンと日本の伝統楽器を組み合わせ、古くからの伝統と斬新さを和洋折衷の形で表現している注目のバンドです。2014年にはスペインで日本大使館招聘による3都市(マドリード、サンタンデール、ビルバオ)ツアーに参加。その後、2016年にポニーキャニオンよりメジャーデビューを果たしました。 メンバーの竜馬は東京音楽大学を卒業し、20歳の頃より数々の映画やドラマ、CMなどのレコーディングに参加。また舞台の楽曲提供なども行っています。雅勝は津軽三味線奏者として日本のみならず海外でも活動、台湾にも教室を構えています。翠は東京藝術大学大学院を修了しており、在学中にアカンサス音楽賞等を受賞しました。仁も海外で広く活動している他、声優・ナレーターとして幅広く活躍しています。

竜馬四重奏(リョウマシジュウソウ)はヴァイオリンの竜馬を中心に結成され、日本の伝統楽器である津軽三味線、篠笛、鼓、そしてヴァイオリンといった和洋折衷の独特なハーモニーを奏でる4人のユニットです。メンバー全員が国内で様々なキャリアを積んでいる実力のある名プレイヤーであり、「自身が愛する伝統楽器をより多くの人に聴いてもらいたい。外に向けて発信していきたい。」という強い想いと決意の元にバンド活動を行い、表現する音楽は古典音楽をベースに、ロック、ファンク、エレクトロなど現代的音楽を取り入れた、新しい形のオリエンタルサウンドを発信しています。竜馬四重奏は2016年にメジャーデビューし、2017年に発売したアルバム「SAMURIZE」がamazonの日本の伝統音楽チャートベストセラーやiTunesアルバムチャートで1位を獲得しています。日本国内のみならず海外のイベントにも多数出演をしており、世界各国で日本の伝統楽器の魅力を伝える活動をしています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口