19/10/15(火) 12:30 広島グリーンアリーナ(広島県立総合体育館)の開催 男子バレーボール日本代表のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

男子バレーボール日本代表 FIVBワールドカップバレーボール2019 男子広島大会 Aサイト
19/10/15(火) 12:30 広島グリーンアリーナ(広島県立総合体育館)

会場情報

男子バレーボール日本代表は、バレーボールのナショナルチームです。1927年の設立以来、アジア選手権では最多優勝を誇る伝統的なチームです。オリンピックでは1972年ミュンヘン大会の金メダル等、3つのメダルを獲得しています。80年代にはバレーボール解説者の川合俊一が所属していました。チームの愛称は「龍神NIPPON」で2009年に公募によって決定しました。2019年現在、中垣内祐一監督のもとでプレーしています。コーチには仏出身のフィリップ・ブランや、矢島久徳、津曲勝利、島崎満夫などを迎えています。なかでもフィリップ・ブランは仏ナショナルチームの代表監督を務めた経験があり、五輪出場経験もある敏腕コーチです。選手は20名以上の登録があります。2018年度はチームのスローガンに「ノーリミット」を掲げ、2020年東京大会への足がかりとして世界選手権の表彰台を目指しました。国際バレーボール連盟世界ランキングでは11位という高順位を記録し、世界の中でもバレーボール強豪国のひとつとして知られています。2019年の活動としてはカナダや中国との国際親善試合を控えているほか、10月からはFIVBワールドカップバレーボール2019のAサイト予選も開催される予定となっています。

男子バレーボール日本代表の日程

すべての日程

FIVBワールドカップバレーボール2019 男子福岡大会 Aサイト
FIVBワールドカップバレーボール2019 男子広島大会 Aサイト
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全11件 1-11件目

男子バレーボール日本代表のチケットを都道府県で探す


男子バレーボール日本代表とは、国際大会で編成される日本の男子バレーボールのナショナルチームを指します。日本バレーボール協会では「全日本男子バレーボールチーム」が正式名称であり、国内のバレーボールシーンでは「全日本男子」や単に「全日本」という愛称で呼ばれています。1927年に設立され、1951年に国際バレーボール連盟に加盟、1961年に世界選手権に初出場を果たしました。1960年代から1970年代にかけては世界有数の強豪として活躍し、1972年ミュンヘンオリンピックではブルガリアや東ドイツといった強豪を破って金メダルを獲得するなど、歴史的な記録を残しています。2000年代からは国際大会の場で再び強豪として知られるようになり、2009年からは公募によって決定した「龍神NIPPON」の愛称で広く人気を集めています。歴代の監督には松平康隆、小山勉、大古誠司、植田辰哉、ゲーリー・サトウなどがおり、2017年からは、1990年代に日本代表の主将も務めた経験のある中垣内祐一が監督を務めてきました。また、仏ナショナルチームの代表監督を務めたこともあるフィリップ・ブランをコーチに迎えるなど、より国際バレーボールシーンに向けた強化がなされています。オリンピックやワールドカップ、世界選手権、アジア選手権などの常連チームとして知られており、特にアジア選手権では何度も優勝を果たし、他の大会でも金~銅メダルを獲得する好成績を記録。国際的にも高く評価されてきました。地上波メディアにも大きく取り上げられて試合の中継も行われるなど国内で特に人気のスポーツジャンルとして知られており、支持を集めつづけています。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口