彩の国シェイクスピア・シリーズ 第35弾 ヘンリー八世のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

彩の国シェイクスピア・シリーズ 第35弾 ヘンリー八世のチケット一覧

彩の国シェイクスピア・シリーズは、芸術監督・蜷川幸雄のもとで、国内外に次々と話題作を発表してきたシェイクスピア全37戯曲の完全上演を目指すシリーズで、2017年公演からは2代目芸術監督に就任した俳優・吉田鋼太郎が演出を手がけています。吉田演出の2作品目となる「彩の国シェイクスピア・シリーズ第34弾 ヘンリー五世」が2019年2月8日(金)~24日(日)、さいたま・彩の国さいたま芸術劇場で上演されます。翻訳は松岡和子、主演は松坂桃李、吉田鋼太郎、溝端淳平、横田栄司、中河内雅貴、河内大和などです。2013年に第27弾として故蜷川の演出で大きな話題となった「ヘンリー四世」のその後の時代を描いた作品で、前回、国王陛下の放蕩息子・ハル王子と、無頼者の酔いどれ騎士・フォルスタッフという、シェイクスピア作品に登場するキャラクターの中でも人気のコンビを演じた松坂桃李と吉田鋼太郎が、再びタッグを組むことで注目を集めています。

彩の国シェイクスピア・シリーズ 第35弾 ヘンリー八世の日程

すべての日程

彩の国シェイクスピア・シリーズ 第35弾 ヘンリー八世
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全24件 1-24件目

彩の国シェイクスピア・シリーズ 第35弾 ヘンリー八世のチケットを都道府県で探す








彩の国シェイクスピア・シリーズは、芸術監督・蜷川幸雄のもとで、国内外に次々と話題作を発表してきたシェイクスピア全37戯曲の完全上演を目指すシリーズで、1998年にスタートしました。主催は、公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団です。埼玉県出身の演出家・蜷川幸雄が芸術監督となり第32弾まで上演が続けられてきましたが、逝去に伴い、後継者として2代目芸術監督に俳優・吉田鋼太郎が就任し、シリーズが続投されています。吉田初演出は2017年のシリーズ第33弾「アテネのタイモン」。シェイクスピア作品の中でも上演される機会が少ない戯曲で、吉田自身が主人公のタイモン役を演じました。続いて2019年上演はシリーズ第34弾「ヘンリー五世」です。過去には、シリーズ第1弾の「ロミオとジュリエット」には大沢たかお、佐藤藍子、シェイクスピアの最初の戯曲「ヘンリー六世」には大竹しのぶ、シェイクスピア初挑戦の上川隆也、シリーズ第28弾「ヴェニスの商人」には市川猿之助、中村倫也、高橋克実などが出演しました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口