舞台 坂口安吾 風博士のチケット売買ならチケットストリート

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

チケストはチケットフリマ(売買仲介)です。取引額は定価より安いまたは高い場合があります。

舞台 坂口安吾 風博士のチケット一覧

「舞台 坂口安吾『風博士』」は、渡辺えり主宰の劇団・シスカンパニーによる舞台作品です。近代日本文学にリスペクトを込め、岸田國士戯曲賞なども受賞している劇作家・演出家の北村想のオリジナル戯曲を上演する「日本文学シアター」シリーズ第6弾となる公演です。「風博士」は1931年6月に発表され、坂口安吾がその名を文壇に知られるきっかけとなった掌編小説。風博士の自殺を偽装したという嫌疑をかけられた「僕」が、警察に対し事のあれこれを語るナンセンス作品です。シスカンパニー作品ではおなじみの、中井貴一、段田安則をはじめ、吉田羊、趣里、林遣都、松澤一之、内藤裕志、大久保祥太郎、渡辺えりが出演。北村想とともに同シリーズすべてに参加している寺十吾(じつなし・さとる)が演出を手掛けます。 公演は、11月30日(土)から12月28日(土)まで東京・世田谷パブリックシアター、2020年1月8日(水)から13日(月・祝)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて行われます。

舞台 坂口安吾 風博士の日程

すべての日程

シス・カンパニー公演 日本文学シアターVol.6 坂口安吾 風博士
  • 公演名
  • 開演日時
  • 会場
  • チケット情報
  • 枚数
  • 価格
全122件 1-100件目

舞台 坂口安吾 風博士のチケットを都道府県で探す

シスカンパニーの公演シリーズの中でも人気の高い「日本文学シアター」は、劇作家の北村想が、近代日本文学の名作家たちの作品をモチーフにした戯曲を書き下ろし、その世界観を熟知した寺十吾が演出を手掛けるシリーズです。2012年に構想が持ち上がり、翌13年11〜12月にかけて早くも第1弾となる、太宰治の未完の絶筆「グッドバイ」を上演。段田安則と蒼井優によるラブロマンスを中心に描き、北村はこの作品で第17回鶴屋南北戯曲賞を受賞しています。2015年には夏目漱石の「草枕」、2016年には長谷川伸の「遊侠 沓掛時次郎」と続き、いずれも段田安則主演の3部作として完結予定でしたが、好評を博しシリーズ継続が決定。第4弾は能に着想を得た「黒塚家の娘」を、風間俊介、趣里らが熱演しました。続く江戸川乱歩の「お蘭、登場」では、「草枕」で自身初の演劇賞も受賞した小泉今日子がカムバック。第6弾、無頼派を代表する坂口安吾の「風博士」では、段田安則、中井貴一ら豪華キャストが顔を揃えました。


ページの先頭へ

まずはメールアドレスでカンタン登録!

  • 会員登録・更新料0円!
  • 年中無休の安心サポート
  • 唯一の電話窓口